« 若者が誇りと志を持って働ける高知県へ 第2期産業振興計画 | トップページ | ダイエット知識を学べる日本で唯一の検定 »

防災気象情報を活かすために 防災気象講習会

120613cimg7119  平成24年6月13日(水)、須崎市立市民文化会館にて高知地方気象台の主催により開かれた「第37回高知県防災気象講習会」へ参加してきました。

 プログラムは次の通りです。

 開会挨拶
 講習① 高知県の気象 気象知識と気象情報で身を守る
 講習② 気象レーダー観測とその利用について
 講習③ 津波警報の改善について
 話題提供 高知地方気象台が独自に行っている出前講座で用いる教材開発の試みについて 
 閉会挨拶

120613cimg7120  防災気象情報についてご理解いただくため、高知県危機管理課、南海地震対策課の協力のもと、毎年この時期に講習会を開催している。様々な防災気象情報を発表している、また、様々な観測情報をリアルタイムで公表している。これらを防災担当のみなさまに正しく理解していただくことで、防災情報の価値が高まると考えている。子供たちへの防災教育 高知地方気象台が独自に取り組んでいる教材について、子供たち向けの防災学習や資機材を紹介させていただく。

 このような、高知地方気象台 防災業務課長 田中利秀さんの開会挨拶で始まりました。

 講習会の様子をまとめました。
「120613_bousai.pdf」をダウンロード (303KB)

|

« 若者が誇りと志を持って働ける高知県へ 第2期産業振興計画 | トップページ | ダイエット知識を学べる日本で唯一の検定 »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/54992243

この記事へのトラックバック一覧です: 防災気象情報を活かすために 防災気象講習会:

« 若者が誇りと志を持って働ける高知県へ 第2期産業振興計画 | トップページ | ダイエット知識を学べる日本で唯一の検定 »