« 南海地震に備える 自己責任による地震予知と避難 | トップページ | 真夏の清掃 朝の風と木陰が心地良く »

四万十の町を踊りと提灯台が乱舞します

120728cimg7811  平成24年7月28日(土)は、「第8回 しまんと市民祭」の開催日です。

 

○なかむら踊りパレード

 15時40分から四万十市役所の駐車場で「なかむら踊りパレード」の出発式です。

 四万十市役所チームを始め、全8チームの面々が色鮮やかな衣装に身を包み、チームの代表が決意のほどを披露していきます。

120728fitcimg7690  

120728cimg7697  ダンスチームは決意に変え、逆立ちの姿勢で背中に書いた文字を披露するなど、様々なパフォーマンスが披露されました。

 順番に道路へと出て行き、それぞれのチームが踊りを披露していきます。

 

120728cimg7827  四万十市役所のチームは生バンドによる演奏です。

120728cimg7842  市役所正調踊り子チームの先頭は、ふんどし姿の男性二人がまとい? を掲げながら、連を引っ張っていきます。

 

120728cimg7838  チームの最後にはくろしお鉄道のマスコットキャラクターやゲームのスーパーマリオに出てくるキャラクターの面々やアンパンマンのキャラクターなどが続き、踊りを見に来ている子供たちへのお菓子のプレゼントも行われています。

 

120728cimg7812  チームの中には四万十市長の姿や、うちわを配っていただいている四万十川キャンペーンガールの姿もあります。

 

○しまんと提灯台パレード

120728cimg7861  続いて18時40分からは、同じ四万十市役所の駐車場で「しまんと提灯台パレード」の出発式が行われました。

 ちょうどお日様も西の空に傾き、提灯台につけられた灯りが、まわりを優しく包みます。

 

120728fitcimg7846  

120728cimg7883  順番に市内へとで、交差点など広い場所では、提灯台を高速回転させ、差し上げるパフォーマンスが繰り広げられます。

 特に子供たちの提灯台は、その提灯台の大きさが小さめなことと、子供たちの元気さで、大人の提灯台よりも高速で回り続けます。

 青年会議所のトラックには、役員の方々のイラストでしょうか、個性豊かな面々の絵が描かれています。

120728cimg7895  太鼓台保存会のパフォーマンスでは、高速回転ののち、差し上げ、さらには、提灯台の中央部分のかき手だけを残し、外周の描き手が手を離ししゃがんでまわりを取り囲むパフォーマンスも披露されました。

 場所によって、提灯台の形やパフォーマンスも違うものです。

 「なかむら踊りパレード」と「しまんと提灯台パレード」の様子をまとめて見ました。
「120728_shimanto01.pdf」をダウンロード (826KB)

「120728_shimanto02.pdf」をダウンロード (645KB)

|

« 南海地震に備える 自己責任による地震予知と避難 | トップページ | 真夏の清掃 朝の風と木陰が心地良く »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/55318829

この記事へのトラックバック一覧です: 四万十の町を踊りと提灯台が乱舞します:

« 南海地震に備える 自己責任による地震予知と避難 | トップページ | 真夏の清掃 朝の風と木陰が心地良く »