« 四万十の町を踊りと提灯台が乱舞します | トップページ | 5,400文字 手書きで書きとおしです »

真夏の清掃 朝の風と木陰が心地良く

120802cimg7902  今日は8月2日、木曜日です。

 第一木曜日、恒例の中央通り一斉清掃の日です。

 高松出張で、久しぶりに一斉清掃の場面に出くわすことが出来ました。

 秋から冬にかけては、街路樹の落ち葉が掃けども掃けども落ちてきて、毎日清掃しなければならない状態でしたが、この暑い時期には、木陰が優しく私たちを覆ってくれます。

120802cimg7903  冬は葉を落とすことで私たちにお日様をたくさん当たらしてくれますし、夏には青々とした葉が私たちに木陰を提供し、涼しさを提供してくれ、街路樹のありがたさを実感するこの頃の時期です。

 きれいな中央通りを、ありがとうございます。

|

« 四万十の町を踊りと提灯台が乱舞します | トップページ | 5,400文字 手書きで書きとおしです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/55357985

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の清掃 朝の風と木陰が心地良く:

« 四万十の町を踊りと提灯台が乱舞します | トップページ | 5,400文字 手書きで書きとおしです »