« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

「タテ・ヨコ・ソト」へと連携し 国土・地域づくりを推進

120911cimg8804  平成24年9月11日(火)、高松サンポート合同庁舎のアイホールで行われた「国土交通白書説明会」に参加してきました。

 講師は、国土交通省総合政策局政策課調査室 企画係長の片畑咲耶(かたはた さくや)さんです。

 昨年度は東日本大震災が起きた年であり、白書のテーマは「復旧、復興」でした。今年は復興がどう進んでいるか、震災からの復興を通じて国土交通行政も変わってきている、転換しているところにテーマをあてています。
 そんなことから今年のテーマは、「
復興を通じた国土交通行政の転換 ~持続可能で活力ある国土・地域づくりへ向けて~」です。
 国土交通白書は第Ⅰ部と第Ⅱ部の2部構成です。第Ⅰ部は、テーマに対する部分で、今日の説明会では、Ⅰ部を中心に説明します。第Ⅱ部は定点観測として、国土交通行政の動向を示しています。

 そんな話から説明は始まりました。

 説明の中では、復興まちづくりの事業類型と共に、堤防の高さをどう決めるか、集団移転への地元合意をどう取り付けるか、復興事業への人材不足、、福島や下水道における放射性物質の除染や対策をどう進めていくかなど、見えてきた復興の課題についても説明がありました。

 持続可能で活力ある国土・地域づくりの推進にあたり、国土交通省としての基本方針として、省内、省外を問わず、「タテ・ヨコ・ソト」への広がりを持った施策を国交省の持つ現場力、統合力、即応力を最大限に発揮して推進していくとの説明で締めくくられました。

 説明会の様子をまとめました。
「120911_hakusyo.pdf」をダウンロード (253KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »