« 雨がつきもの ジョン万祭り | トップページ | 医療や行政、いろいろな機関の連携で被害に備える »

児童虐待防止を目指し 高知城がオレンジ色に染まる

121027cimg9336  平成24年10月27日(土)、四万十市立中央公民館で、高知オレンジリボンキャンペーン実行委員会(社会福祉法人高知県社会福祉協議会、高知県児童養護施設協議会、高知県児童家庭支援センター協議会)の主催により開かれた「高知オレンジリボンキャンペーン2012 四万十会場」に参加してきました。

 オレンジリボンキャンペーンとは、父親の友人からの虐待(2004年に栃木県小山市で3歳と4歳になる兄妹が、父親の友人から再三暴力を受け、挙げ句の果てには橋の上から川に投げられて命を落とすという事件)を発端に、市民グループが立ち上がり始まった児童虐待防止のキャンペーンです。

 また、11月は虐待防止月間です。

 高知県では今回で4回目のキャンペーンとなり、今年は高知全県へと取り組みを拡げようと、10月27日(土)にはここ四万十市で、11月10日(土)には高知市11月17日(土)には安芸市で開催されます。

121027cimg9339  四万十市の講演会は、高知県出身の弁護士、中島香織さんによる「高知の子どもたちをとりまく貧困と虐待~私たちが出来ることを考える」です。

 「虐待や家族の問題は、借金や離婚の問題のようにすっきりと法的に整理がつくわけではないので、弁護士は役に立たない」との言葉で始まり、高知が変わるならと、今年、高知で「日本子ども虐待防止学会」が開催されるにあたって、お手伝い(事務局長)をする事になったそうです。

121027cimg9359  11月7日、8日の学会の前日、6日には「子どもの居場所を高知に作る講演会」も開催されます。

 日本の子どもの貧困率は15.7%と、6~7人に1人の子どもが貧困な状態にあるそうです。

 また、高知の子どもたちについて、非行率は全国ワースト1、10代の中絶率1位、幸福度ワースト2、一人親世帯率全国4位、生活保護受給率全国3位であることが紹介されました。

 私たちに出来ることは、子どもたちの居場所を作ること、子ども虐待はどこにでも、誰にでも起きうることだということを認識し、声なき声を感じ、出来ることを考え、学ぶことである。

 虐待防止月間の11月には、9日(金)、10日(土)、児童虐待防止のシンボルカラーのオレンジ色に高知城をライトアップします。

 講演会の様子をまとめました。
「121027_gyakutaiboushi.pdf」をダウンロード (532KB)

|

« 雨がつきもの ジョン万祭り | トップページ | 医療や行政、いろいろな機関の連携で被害に備える »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/55992982

この記事へのトラックバック一覧です: 児童虐待防止を目指し 高知城がオレンジ色に染まる:

« 雨がつきもの ジョン万祭り | トップページ | 医療や行政、いろいろな機関の連携で被害に備える »