« リアリティを追求し 実践的な アメリカの防災教育 | トップページ | 25年経ちました 銀婚 »

2500人が集う。彩る。 蛍湖まつり

12111817  平成24年11月18日(日)、中筋川ダムで行われた、第17回「蛍湖まつり」に参加してきました。

 今年のキャッチコピーは「みんなが集う。 みんなで彩る。 蛍湖まつり」です。

 大雨、洪水、強風、波浪注意報が出た前日とはうって変わって、まさに雲ひとつ無い快晴のもと、「土佐宿毛いごっそ太鼓」の勇壮な太鼓の音で祭りが始まりました。

121118a_003  山々に囲まれた中筋川ダム周辺の山の緑や湖面に、太鼓の音が響きます。

 土佐宿毛いごっそ太鼓は、宿毛青年会議所の創立20周年を記念して結成され、28年間、練習と出演活動を続けているそうです。

 息のあった太鼓の音はもちろんのこと、その太鼓を打つ体制や途中の決めポーズもかっこよく決まっています。

121118b_014  続いての「開会式典」では、蛍湖まつり実行委員会会長の立田雅弘(宿毛商工会議所副会頭)さんの挨拶に始まり、「児童絵画作品表彰式」です。

 今年の5,6月に中筋川ダムで写生大会を行っていただいた、三原村立三原小学校4年生と宿毛市立咸陽小学校3年生の中から、特に優秀な作品の児童の表彰式です。

121118c_031  再びステージはイベントに戻り、宿毛市立東中学校ブラスバンド部の皆さんによる演奏です。

 様々なジャンルの曲の演奏が、体を動かしながら(ダンス?)進められます。

 途中、楽器ごと、順に主役を務めながら演奏が進んでいきます。

121118d_036  小学生以下を対象とした「お菓子投げ」に続き、ソウルストリームダンススタジオの生徒さんたちによる「ストリートダンス」のステージです。

 ソウルストリームダンススタジオは、宿毛市、四万十市など四国内に12カ所もの教室を構えるストリートダンス専門のダンススタジオです。

121118e_040  2人から5人まで、チームの構成も年代も異なるグループによるダンスが展開していきます。

 ステージの背景は蛍湖を囲む山々で、「ストリート」とは、また、違った趣があります。若い方を中心に、多くの方々がダンスを楽しんでいました。

 

121118f_058  次は、間六口(はざま むくち)さんによる「バナナのたたき売り」です。

 「土佐の寅さん」の別名を持つ間さんは、県内はもとより、大阪、東京方面まで活動範囲を広げ、昨年には葛飾柴又の「寅さん記念館」で芸を披露するという夢もかなえられたそうです。

 立て板に水のごとく、息つく間もないほどに繰り出される口上は、子供らお年寄りまで、大いに楽しまれ、テーブルに山盛りあったバナナは、30分足らずで売り切れてしまいました。

121118gcimg9869  次のステージは、地元出身の堀内佳(ほりうち けい)さんによりギターの弾き語りライブです。

 堀内さんは現在の四万十市生まれ、お母さんの実家が宿毛市平田町、1歳の時に先天性網膜膠腫(もうまくこうしゅ)により、両眼を摘出し全盲となったそうです。中学の頃より、レコードなどの音だけをたよりに独学でギターを弾き始め、中学2年の頃にはオリジナルの作曲も始められたそうです。

 平田の地に工業団地が出来ていく様子など、この地域を歌った曲は、堀内さんならではのものです。

121118h_070  最後は、この地域恒例の「もち投げ」と、中筋川ダムならではの機能である「洗浄放水」です。

 

121118primg0167  中筋川ダムの特徴である階段状のダムコンクリート表面の汚れを流すのが「洗浄放水」です。この洗浄に使っている水は、ダムの西側の沢から流れてくる水をタンクに蓄えて使っているもので、ダムの全幅にわたって滝のように流れていく様は、壮観です。

121118m_068  以上のようなステージイベントのほかにも、地元の婦人会による「うまいもの市」や、中筋川ダム周辺の鳥類や、植物、水生生物、魚類などの展示や観察会、四万十森林管理所による木工教室やダム見学会、昨年から取り組んでいる防災に関する展示として自衛隊や宿毛警察署、幡多西部消防組合・宿毛消防署、、宿毛海上保安署、NTT西日本、四国電力などの展示や説明なども行われています。

121118ncimg9841  木工教室は親子連れで大盛況、建設業協会によるミニバックホーの運転や、四国電力の高所作業車の試乗には子どもたちの長い行列が出来ていました。

121118icimg9878  土佐くろしお鉄道のマスコット、サンコちゃんサニーくんの着ぐるみは、11月にもかかわらず、良い天気だったことから、30分も入っていると汗だくで湯気が出るほどで、交替しないといけなかったそうです。

 子どもから大人まで、いろいろな楽しみ方をしていただきながら、2,500人の方の笑顔や元気な声が蛍湖を彩っていました。

 蛍湖祭りの様子を写真でまとめてみました。
「121118_a.pdf」をダウンロード (563KB)
「121118_b.pdf」をダウンロード (609KB)

|

« リアリティを追求し 実践的な アメリカの防災教育 | トップページ | 25年経ちました 銀婚 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/56172608

この記事へのトラックバック一覧です: 2500人が集う。彩る。 蛍湖まつり:

« リアリティを追求し 実践的な アメリカの防災教育 | トップページ | 25年経ちました 銀婚 »