« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

南海トラフ巨大地震による津波・土砂災害へ備える

130128top 平成25年1月28日(月)、高松サンポート合同庁舎13階の四国地方整備局災害対策室で、国土交通省四国地方整備局の主催により開かれた「平成24年度 四国防災トップセミナー」に参加してきました。

 今回で13回目を迎えるセミナーで、今後の地域防災を考える会として、四国95市町村長と防災関係機関の参加のもと開かれています。

 今回は、 「南海トラフ巨大地震」による津波・土砂災害に備える と題して、東日本大震災で被災した釜石市より野田市長、一昨年の台風12号により被災した十津川村より更谷村長さんが基調講演を行いました。

 プログラムは以下の通りです。

1.挨拶 四国地方整備局長 川崎正彦

2.防災に関する情報提供
  ①「四国地震防災基本戦略」の取組について
      四国地方整備局企画部 防災課長 上林正幸

  ②津波対策型救命艇の開発について
130128cimg1533      四国運輸局長 丸山研一

3.基調講演
  「撓まず屈せず-スクラムかまいし復興まちづくりの現在-」
      岩手県釜石市長 野田武則

  「台風12号豪雨土砂災害について被災自治体からの報告」
      奈良県十津川村長 更谷慈禧

4.意見交換

 

 野田釜石市長からは、

・ハザードマップは、色が塗られていない地域の人にとっては「安全マップ」として、避難しない判断をさせてしまった。
・がれきが集まったところ、水が徐々に引いていき、ガスボンベが流れてきて引火、車に燃え移り、がれきを全て燃えつくし、残っているのは鉄くずだけ。ガスボンベや車が危険な状況になる。山火事を起こし、避難所にも火が回った。
・車で避難しようとして渋滞になった。
・湾内に大きな船があると、いろいろなところにぶつかって被害を起こす。防潮堤があったので、船や海からの流入物を防止する。
・防波堤などへの過信 ハードが高くなると、危機意識が低くなる。
・リエゾン、被災後2~3日後には来てもらい、何でも注文してくれと、大変助かった。

と、状況を説明いただきました。

 また、更谷十津川村長からは、

・防災無線は一方的な放送しか出来ず、衛星携帯電話は役場に1台しかなかった。
・職員の6割しか参集できなかった。道路が寸断していたため、集まれない。
・集まった職員の3割は消防団で、役場の業務は出来ない。
・200の集落が孤立し、自助・共助で、自分たちで道を造り、食料を分けあい、若者たちが買い出しに行ってくれた。
・山を守ることで川が守られ、道路や村、暮らしを守れる。

と、中山間地であることから住民が助け合う暮らしをこれまでもしていたからこそ、対応できたし、これからもそれを活かしていこうとされている様子が伝わってきました。

トップセミナーの様子をまとめました。
「130128_bousai.pdf」をダウンロード(319KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国全体の総合力を高めて巨大地震に備える

130124cimg9033  平成25年1月24日(木)、サンポートホール高松61会議室で、公益社団法人 土木学会四国支部の主催により行われた「第7回南海地震四国地域学術シンポジウム」に参加してきました。

 定員144名の会場は参加者でいっぱいで、締め切りの1週間前ほどには、定員をオーバーしたことから、申し込みを断ったそうです。

 プログラムは以下の通り、一般発表11題と特別講演2題で構成されています。

○開会挨拶 土木学会四国支部四国ブロック南海地震研究会委員長 大年邦雄

○セッション1 「津波の挙動・予測・対策」
 1.大船渡湾の湾水振動特性と湾口津波防波堤の効果的な配置法について
 2.四国の港湾における地震・津波対策について
 3.東南海・南海地震等の大規模地震への備え~吉野川下流域における津波シミュレーション~
 4.鋼製建材を活用した津波防波堤における粘り強い構造への取り組み
 5.南海地震による高知市内の長期浸水被害を軽減する技術開発
 6.鋼矢板を用いた盛土構造物の減災技術に関する実験的研究

○特別講演Ⅰ 南海トラフ巨大地震に対する四国地方整備局の取り組み
○特別講演Ⅱ 公共調達制度を考える

○セッションⅡ 「減災に向けたソフト対応」
 1.災害時における地方自治体の情報共有体制に関する考察
 2.防災GIS地すべりデータベースの構築と地震時の主要道路の危険度判定
 3.災害時アクションカードを用いた防災管理のすすめ
 4.南海トラフ巨大地震と四国地方の行政・建設業の災害対応力の現状と課題
 5.南海トラフ巨大地震に備えた地域防災力の向上策検討

○閉会挨拶 公益社団法人土木学会四国支部四国ブロック南海地震研究委員会幹事長 矢田部龍一

 「新たな被害想定、どう備えるのか、我々に切実な課題が突きつけられている。四国はそれぞれの県で備えるのではなく、総合力を高めることが重要と思っている」との、土木学会四国支部四国ブロック南海地震研究会委員長 大年邦雄教授の挨拶でシンポジウムは始まりました。

 特別講演Ⅱでは、愛媛大学防災情報研究センターの木下誠也さんが、「公共調達制度を考える」と題して、日本の調達制度がいかに世界標準からかけ離れているのか、公共調達制度の課題を考察し、「公共事業調達法」を提案されました。

 東日本大震災での建設分野の活躍は、地元建設業のがんばりがあったからです。迫り来る南海トラフ地震に対応するためには、建設業の存在無くしては備えられません。

 公共事業の量が増えさえすれば課題が解消するのでしょうか。いいえ、過当競争が進むだけです。

 そんな木下先生の言葉で特別講演はスタートしました。

 シンポジウムの様子をまとめてみました。

「130124_sympoi.pdf」をダウンロード(542KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キットカッツ うま勝っちゃん 勝負の時です

130116cimg0789 お菓子のキットカットが、入学試験合格の縁起物なのは皆さんも知っていますよね。

 スーパーで見つけた一品です。

 包装には「うま勝っちゃん」の大きな文字が。

130116cimg0790 中身は、インスタントラーメンの「うまかっちゃん」5袋です。

 追い込みの試験勉強の夜食のラーメンにも、縁かつぎが・・・

 皆さんによい春が来ますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »