« 液状化とは つき合っていかねばならない | トップページ | 蛍湖に 蛍が乱舞 »

宅地の液状化対策は 表層付近の地盤調査が重要

130426cimg2073 平成25年4月26日(金)、高知県立県民文化ホール グリーンホールで、高知県地質調査業協会と公益社団法人高知県土木施工管理技士会の共催、高知県と高知市の後援で行われた 高知県地質調査業協会「技術講習会」 に参加してきました。

 作業着姿の多くの技術者の参加のもと、下記の二人の講演が行われました。

○「東日本大震災の津波被害と南海トラフ巨大地震の備え」
  講師:東北大学災害科学国際研究所 災害リスク研究部門津波工学研究室 今井健太郎助教

○「液状化の調査方法と対策工法について」
  講師:応用地質株式会社 東日本統括支社 エンジニアリング本部 地盤解析部 副部長 澤田俊一(工学博士、技術士)

 

130426cimg2078 東北大学の今井健太郎さんからは、

・関東大震災における死因 火災が9割 → 延焼防止のため緑化などの整備が進められた
 阪神淡路大震災 建物倒壊による圧死が8割 → 建物基準の改訂がなされた
 東日本大震災 溺死が9割 → 早期避難しかない
・液状化による砂の噴出 吹き出した砂が津波で内陸側に移動し、堆積している → 津波痕跡物から年代を推定することに誤差を生じさせる。

など、東日本大震災の特徴や、津波研究の今後の展望について説明いただきました。

 

130426cimg2084 応用地質株式会社の澤田俊一さんからは、液状化のメカニズムや液状化被害、液状化対策、新しい液状化調査技術などについてお話しいただきました。

 東京湾沿岸部の被害の事例として浦安市の状況から、

・本震では液状化しなかった地盤が、80ガルの余震で液状化に至る。
・「30年前の埋め立て地」は、安定化し、液状化しないと考えられていたが、今回の地震で液状化した。
・東京ディズニーランド 建物を建てるためにサンドコンパクションパイルで対策をしていたところは沈下していない。

といったことや、宅地における液状化対策の考え方について、

・構造物が軽いことから、液状化層の上部に非液状化層があると被害が生じにくい → 表層に厚さ4m程度の非液状化層があれば住宅に被害が生じない。
・表層付近の地盤調査が重要。

といった話を聞くことが出来ました。

 技術講習会の様子をまとめました。
「130426_chisitsu.pdf」をダウンロード(406KB)

|

« 液状化とは つき合っていかねばならない | トップページ | 蛍湖に 蛍が乱舞 »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/57386065

この記事へのトラックバック一覧です: 宅地の液状化対策は 表層付近の地盤調査が重要:

« 液状化とは つき合っていかねばならない | トップページ | 蛍湖に 蛍が乱舞 »