« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

防災には「女性の視点」を忘れずに

130629cimg3540 平成25年6月29日(土)、四万十市立中央公民館2階大会議室で行われた「平成25年度 男女共同参画推進講演会」に参加してきました。

 100席ほどの会場がほぼ参加者で埋まり、約9割は女性の参加者でした。

130629cimg3545 安芸市自主防災組織連絡協議会副会長 安芸市川向防災会 仙頭ゆかりさんによる、実践されている取組から「地域防災と女性の視点 ~川向防災会の活動をとおして~」と題した講演と、一回かぎり座による防災劇が行われました。

 講演のメニューは、

 (1)南海トラフ巨大地震について
 (2)安芸市自主防災組織連絡協議会の活動
 (3)川向防災会の活動
 (4)東日本大震災からのメッセージ
 (5)東日本大震災に伴う「震災と女性」に関する調査報告書
   避難所運営で、女性の視点はいかされた?
 (6)四万十市の防災 地震防災課のやすおかさんに指導いただいた
 (7)今後に向けて

130629cimg3549と、講演のあとは、川向防災会の「一回かぎり座」の防災劇「知っ得! 津波あれコレ!」です。

 講演では、

・愛知190万人、静岡110万人、高知は50万人 ← 高知に支援物資がくるだろうか?
・避難してきた人に「帰宅を促すトリアージ」も必要となる ← 自宅が残っているなど、被災が軽い人には、自宅での避難生活も必要とされる
・阪神淡路大震災で 救助隊に助けられた人は1.7% 自力、家族、隣人に助けられた人は95% ← 自分たちの命は自分たちで守る仕組みが必要
・日頃の訓練が行われていないと有事には実行できない

といった話や、「女性の視点」について、

・男性から生理用ナプキンを渡されたのでは、女性は受け取りにくい。男性はナプキンを1つずつ渡すが、1つでは役に立たないことが男性はわからない。
・生活者の視点、地域人としての視点、乳幼児・子供・お年寄り・障害者・介護者など 弱者の視点に立てるのは女性
・避難所の運営にあたっては、女性が責任者に加わり、女性が関わっていかなければならない。
・男女のニーズの違いに配慮すべき
・「参加」ではなく「参画」でなければいけない 考えや思いを伝えていますか? 企画・立案実行できていますか? 評価・反省・責任もおっていますか?

といった話を聞けました。

 東日本大震災の避難所では、

・授乳室が無く辛かった!
・男女の間に仕切が無く恐怖!
・トイレはブルーシートで覆われているだけで丸見え
・洗濯機もなく、着替えもないため同じ服で過ごした。
・いびきや寝言がうるさく眠れなかった。
・車中避難のため、食料がもらえなかった。
・乳児を連れて避難。母乳が止まり、ミルクをあげようにもほ乳瓶もミルクを溶かすお湯もなく困った。
・不眠が続いている。睡眠薬を飲んでいる
・ホルモンバランスが崩れ、生理不順になった。
・食料や飲料水の助け合い、避難所の支援、救援物資などの運搬や仕分けなど、女性が支援する側となっている

ことが、調査から明らかとなっています。

 東北の次は、四国が大地震と津波に襲われます。日頃に出来ないことが、有事の際に出来たりしません。

 男性、女性ともに相互の違いを理解し、その日に備えなければなりません。

 講演会の様子をまとめました。
「130629_zyosei.pdf」をダウンロード(504KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しまんと! はた博 いよいよスタート!

130629cimg3561 今日、明日と、「楽しまんと! はた博」のプレイベントが、四万十川の赤鉄橋の下、「四万十市お祭り広場」で行われます。

 6月29日(土)の第一部は「幡多の未来」、幡多6市町村のうまい物とともにゆるキャラが大集合します。幡多のゆるキャラ「幡多ピー」も初登場します。

 第二部は、婚活・仕事・仲間づくり! テーマ別に語り合える「幡多の宴!」と題して、大宴会が自然の中で行われます。

 6月30日(日)の第三部は「すこやか 2013 in はた」、RKCアナウンサーによる絵本の読み聞かせや、蛯原英里さんによる親子トークショーなどが行われます。

 12月まで半年間にわたるはた博のスタートを、いっしょに 楽しまんと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら 父の日です

130626cimg3532 東京の子どもたちから、「父の日」のプレゼントが郵送で送られてきました。

 暑い夏に、汗っかきの私のことを考え、風通しの良い靴下と、濡れてもすぐに乾くハンカチでした。

 手書きのイラスト入りの手紙がいっしょに入っていました。

 ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育てには作戦が要る 子育ては「実験」だ

130623cimg3495 平成25年6月23日(日)、宿毛市総合社会福祉センターで、宿毛市お母さんと女先生の会実行委員会の主催で行われた、講演に参加してきました。

 「子育てにマニュアルなし! -愛と本気の子育てバトル-」と題した、吉野由美さんの講演です。

 吉野さんは、再婚して6人の子どもの母親となり、型破りで豪快な子育ては、テレビ・新聞に大きく紹介され、マスコミにも絶賛された方です。

130623cimg3505 熊本女子商業校を卒業、バスガイドを皮切りに様々な仕事、現在はホームヘルパーをされ、その子育ては、NHKドラクロアで放送され、反響を呼びました。熊本弁のお話しは、エネルギッシュで、グングン吸い込まれ、情景が浮かんできます。

 4人の子持ちの夫と、二人の子供を持った吉野さんが、母子家庭、父子家庭の合コン旅行に参加し、互いの子どもの憲士郎と大樹君が仲良くなり、夫婦の縁結びとなりました。

130623cimg3509 しかし、実の母親でないことで、いろいろなことが・・・

 警察に呼び出されることもたびたび、夫の子どもたちは吉野さんを試していました。

 そんな子育ての中から、

・子育てには作戦が要る 子育ては「実験」だ
・人それぞれの「幸せ感」がある 親の幸せ感を子どもに押しつけていないか
・子どもたちの共通点を探せ 子どもたちとの会話のキャッチボール
・一つ加えてほめる

など、あっという間の2時間でした。

130623cimg3529 子育てにマニュアルなし! -愛と本気の子育てバトル-

 そのタイトルとおり、「愛」たっぷり、本気の子どもたち、ご近所、学校などとの関わりが伝わってくるお話でした。

 講演の様子をまとめました。
「130623_kosodate.pdf」をダウンロード(608KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »