« 普段やっていない・考えていないことなど、出来るわけがない | トップページ | 親が子どもを育てると同時に 大人自身も子育てによって成長する »

劣化の因子と程度、補修の目標に応じた補修方法を

130726cimg3805 平成25年7月26日(金)に、高知城ホールで一般社団法人コンクリートメンテナンス協会の主催により行われた、「コンクリート構造物の補修・補強に関するフォーラム2013 ~補修工法選定の考え方と適応性~」に参加してきました。

 全国25カ所でフォーラムを開催しており、高知での開催は今回で3回目だそうです。

 プログラムは次のとおりです。

○第1部 演題「コンクリートの劣化と補修工法選定の考え方」         
  江良和徳(えら かずのり) 極東興和株式会社 事業本部事業推進部補修課

○第2部 演題「コンクリート剥落防止と塗膜型剥落防止システムについて」   
  中丸大輔(コンクリート診断士 日本ペイント販売株式会社)

 フォーラムの様子をまとめました。
「130726_concrete.pdf」をダウンロード(270KB)

|

« 普段やっていない・考えていないことなど、出来るわけがない | トップページ | 親が子どもを育てると同時に 大人自身も子育てによって成長する »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/58156262

この記事へのトラックバック一覧です: 劣化の因子と程度、補修の目標に応じた補修方法を:

« 普段やっていない・考えていないことなど、出来るわけがない | トップページ | 親が子どもを育てると同時に 大人自身も子育てによって成長する »