« 台風の狭間 無事 山田祭が行われました | トップページ | ものづくり高知の力で 高知を地震津波から守る »

病気は、その人の食の歴史である

131027p1010030平成25年10月27日(日)、黒潮町のふるさと総合センターで、マインドフルトリニティとHATA LOHAS、四万十養生塾の共催により開かれた、養生塾 in 幡多2013「若杉ばあちゃん講演会」に参加してきました。

野草の力をいただいて~薬いらずの食と生き方」と副題がつけられ、350席ほどの会場はほぼ満員、女性が多く、男性の参加者は1割ほどでした。

LOHASの取り組みらしく、みなさんの服装も自然色に包まれているように感じました。

若杉友子さんは、「子宮を温める健康法」「これを食べれば医者はいらない」など、健康法の著書を多数出されており、日本各地で講演をしながら、食べることで心と体を健康にする活動を展開されております。先日はNHKで若杉さんの生活が放送され、大反響に。

講演の中でも、「ここへ来る前に栃木県に行っていた。12日に家を出て、次に家に帰るのは30日ぐらい」と、全国を飛び回っている様子を紹介いただ来ました。

約90分間の講演でしたが、その中で印象的だったのは、

・病気は、その人の食の歴史である。
・海外からのカロリー栄養学など、肉、魚、乳製品を食べるようになり、日本じゅう1億総病人時代になってきた。
・その土地の旬の材料を使って、一汁一菜の食事を食べていれば、体が浄化され、健康になる。
・「人」に「良」と書いて「食」である。
・噛むことで脳が活性化する。パンを食べ、ミルクで飲み込んでいたら、歯も脳もダメになる。

などで、午後からの約70分間にわたる質疑の時間では、「季節の旬の物を食べる」「足湯のやり方とその効果」について、具体的な説明などがありました。

その中では、「何にでもすぐに飛びつくのではなく、勉強して下さい」「新しい物が出てきたら、『昔の人が使っていたかなぁ』を物差しにすればいい」と締めくくられました。

131027p1010036会場では、様々な自然食材や自然食、自然にこだわった商品の販売も行われ、私は、石けんを買ってみました。

講演会の様子をまとめました。
「131027_wakasugi.pdf」をダウンロード(309KB)

|

« 台風の狭間 無事 山田祭が行われました | トップページ | ものづくり高知の力で 高知を地震津波から守る »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/58480012

この記事へのトラックバック一覧です: 病気は、その人の食の歴史である:

« 台風の狭間 無事 山田祭が行われました | トップページ | ものづくり高知の力で 高知を地震津波から守る »