« 商工会からのおくりもの machi-kara | トップページ | 高知城がキャンドルに埋めつくされ・・・ »

第27回で終了 高知みず工学研究会

131130p1010479平成25年11月30日(土)、高知商工会館で、高知みず工学研究会の主催、(公社)高知県土木施工管理技士会の共催により開催された「第27回 高知みず工学研究会」に参加してきました。

今日は、水文観測の最新の技術について、3名の方に講演いただく。この会も27回を数え、これまで地震関係のものが多かったが、初心にかえって、おもしろいテーマでしゃべってもらう」と、本会の会長である高知大学の大年教授の挨拶で始まりました。

プログラムは次のとおりです。

①河川砂防技術基準(調査編)の改訂について ~第2章「水文・水理観測」を中心に~
 国土交通省国土技術政策総合研究所 河川研究部 流域管理研究官 深見和彦

②流量観測を行わずに雨量・河川水位データと流出モデルから作成する水位ー流量曲線作成と精度について
 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 田村隆雄

③ADCPを道板洪水時の流量、掃流砂および浮遊砂量計測技術について
 高知高専環境都市デザイン工学科 岡田将治

④全体討議

 

131130p1010482深見さんからは、河川砂防技術基準に関して、

・昭和33年にはじめて技術基準書として制定。前書きには、「このような基準は毎年改訂すべきものである」とあるが、そうはなっていない。
・昭和51年、52年、61年、平成9年に改訂され、平成9年以降改訂がされていなかった。
・毎年、リアルタイムでの改訂を目指す。そのため、インターネットにより、pdf形式で公開。
・地球温暖化の進行に伴う気候変化にも対応できるよう、長期にわたる同一品質の観測データの確保が必要。

といった話を聞くことができました。

 

閉会では、

・最後に報告を。この「みず工学研究会」も、今回で27回、年に2回の開催を重ね、足かけ14年、このような形で開催してきた。
・主として、水に関する話が多かったが、森林の話や地震、液状化や、その時々の社会情勢の要請も組み入れながら、研究会を進めてきた。
・今日の回を持って、「みず工学研究会」を終わらせていただきたい。

と、大年会長から、本会が本日の第27回で終了し、「高知みず工学研究会」も解散することが告げられました。

研究会の様子をまとめました。
「131130_mizukougaku.pdf」をダウンロード(274KB)

|

« 商工会からのおくりもの machi-kara | トップページ | 高知城がキャンドルに埋めつくされ・・・ »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/58680691

この記事へのトラックバック一覧です: 第27回で終了 高知みず工学研究会:

« 商工会からのおくりもの machi-kara | トップページ | 高知城がキャンドルに埋めつくされ・・・ »