« 病院でのクリスマスファンタジー | トップページ | コーガくんとクイーンちゃん »

褒めてくれない日本人

131226_01病院の掲示板に、患者さんからの意見・質問への回答が掲示されていました。

10月分とのことですが、14件の意見・質問がありましたが、お褒めの言葉は1件のみ、あとは全て意見というより、クレームでした。

なかでも驚いたのは次のような趣旨の内容でした。

14時との予約で14時14分に病院に着いたら「8番目です」とはどういうこと。午後の予定はグチャグチャ、予約の意味がないじゃない。病院もサービス業なんだから、時間管理をもっとシッカリしろ!

病院からの回答には、次のような主旨が書かれていました。

その日には、午前の外来診療に50人ほどの受診者がいらっしゃり、午後まで影響が出たもの。受診者や予約状況などの適切な情報提供が出来ず申し訳ありませんでした。

ご意見をいただいた方が、「あなたの持ち時間はこれで終わりましたから、本日の診察・治療はこれで終了します」とか、しんどくて診察して欲しくて来院したときに、「本日の受診予定者数を越えましたので、また、お越しください」と言われたらどう感じるのでしょうか。

時間を厳守するにはどこかに無理や非効率さが生まれることも。

あなたの時間を守るために、他の人の時間を奪っていることもあることに気がまわらないのでしょうか・・・

この意見への対応かもしれませんが、各科の受付窓口には、本日の各先生ごとの予約患者数が表示されていました。

時間をマネージメントしているつもりで、時間にマネージメント?(拘束)されているのではないでしょうか。

一人でも多くの患者さんの診察・治療をしようと、、昼食を短時間ですませ、休憩もままならないまま、午後の診察に取り組んでいただいているドクターや看護師、検査技師の方々も多くいると思うのですが・・・。

|

« 病院でのクリスマスファンタジー | トップページ | コーガくんとクイーンちゃん »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/58849897

この記事へのトラックバック一覧です: 褒めてくれない日本人:

« 病院でのクリスマスファンタジー | トップページ | コーガくんとクイーンちゃん »