« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

責任、権限、財源の整理と防災の日常化で 巨大地震に立ち向かう

140124_bousai平成26年1月24日(金)、高松サンポート合同庁舎13階の四国地方整備局災害対策室で、国土交通省四国地方整備局の主催で開催された「平成25年度 四国防災トップセミナー」に参加してきました。

今年のテーマは「南海トラフ巨大地震に立ち向かう ~犠牲者ゼロを目指す取組と被災地支援~」とされており、南海トラフ巨大地震の際に、日本一の津波想定高さが想定された高知県黒潮町の大西町長と、東日本大震災の際に、岩手県の海岸沿いの市町村の後方支援に取り組まれた遠野市の本田市長のお二人の基調講演と意見交換です。

プログラムは次のとおりです。

1.挨拶 四国地方整備局長 三浦真紀

2.防災に関する情報提供
   四国地方整備局の取組について
    四国地方整備局企画部 防災課 課長補佐 二川義人
3.基調講演
   第1部「南海トラフ巨大地震に対する取り組み」
       高知県黒潮町 町長 大西勝也(おおにし かつや)
   第2部「遠野市の沿岸被災地後方支援 ~縁が結ぶ復興への絆~」
       岩手県遠野市 市長 本田敏秋(ほんだ としあき)

大西町長からは、日本一の津波高さ34.3mが公表されたことによる、町民の二つのあきらめ、そこから「犠牲者ゼロ」の防災のまちづくりへの取り組みについて紹介いただきました。

課題の「細分化」「明確化」、ご近所の少人数による議論による社会手抜きの排除など、具体的に説明いただき、1年9ヶ月の間に、ワークショップ、避難訓練など、延べの参加者は24,334人 町人口の2倍に達するとのこと。

ここでこの24,334人の数字の意味を、行政からの視点ではなく、住民の視点から見ると、1年で1回の取組にしかなっていないと・・・

行政で出来ることにはかぎりがあり、住民の主体性にスライドしていかねばならない、桜堤のように、日常の中で、楽しく防災に取り組んでいける「防災の日常化」が重要であると締めくくられました。

意見交換では、「日が経つにつれ、下がる防災への意識をどう考えるか」との問いに、「防災意識はきっと下がる。毎年下がった分の意識を毎年あげましょう。この下がりきった意識が、必要な意識のレベルとなるように3年がんばりましょうと、地域を回っていった」と。

 

本田市長からは、

・後方支援を構想し、カタチづくり、実践(訓練)していたことで、3万人のボランティアを遠野市に受け入れ、そのボランティアの協力のもと10万人のボランティアを被災地に送り出すことが出来た。
・大規模災害時には「責任」「権限」「財源」の役割分担がどうあるべきか整理しておくこと必要があり、大震災の際には、毎日がそれらの調整であり、それがマニュアルとなっていった。
・市町村が持っていたたった1台のバキュームカーが被災地では重要。
・懐中電灯はあったが電気がなかった、電気ファンヒーターと灯油があったが電気がなかった。

といった話を聞くことが出来、後方支援として、いろいろなことが整理、マニュアルに出来ていなかった。全国からの3万トンの支援に感謝と、締めくくられました。

トップセミナーの様子をまとめました。
「140124_bousai.pdf」をダウンロード(373KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっているからしているへ 自分の命を守るのは自分

140119p1010926140119p1010925今日は、東中筋地区の「防災集会」でした。

東中筋小学校は中筋川の堤防に接する小学校で、校舎の壁面には昭和10年と昭和38年の洪水痕跡の高さが表示されていました。

この東中筋小学校を会場に、1年生から6年生までの96名の子どもたちとご家族、自主防災組織や地域の方々、消防団や四万十市役所の方々など、総勢220名ほどが集まっての防災集会です。

その中の防災学習として、「しっているからしているへ ~大震災から身を守るために~」と題して、70分ほどの時間をいただきました。

140119p10109141年生から6年生、また大人も混じっての防災学習ですから、私からの一方的な話しでは、みなさんに何かを伝えるのは難しかろうと、子どもさん方から、日頃から地震に備えていることや考えていることを発表してもらいながら進めました。

地震に備えて何かしていることは?」の問いには、

・靴や懐中電灯をそばに用意している。
・非常持ち出し袋を用意している。
・懐中電灯、携帯ラジオ、銀色の防寒のやつ、水、ビスケットみたいなのが入っている・・・

と、予想していたような答えが返ってきました。

140119p1010898非常持ち出し袋を用意している?」と、手を上げてもらうと3分の1ほどでしょうか、子どもたちの手が上がりました。

次に、「学校の教室で地震になったらどうする?」の問いには、

・机の下にもぐる。
・机の脚をつかんでおく。

と、ただ机の下にもぐるだけでなく、具体的に机の脚を握って、からだと机が離ればなれにならないようにすることも意識されていました。

140119p1010919ここまでのやり取りでも、子どもたちの意識の高さに感心しましたが、子どもたちの視点の鋭さに驚かされたのが次の質問への子どもたちの答えです。

スーパーで買い物をしているときに地震にあったらどうする?」の問いに、

・スーパーのカゴで頭を守る。
・フードコーナーの試食の所の机の下にもぐる。

との答え。
みなさんなら、商品が陳列されているスーパーの中で、どんな行動が取れるでしょうか。

140119p1010943買い物カゴで頭を守ることや、スーパーの中で逃げ込める場所として試食コーナーの机に気がついていたでしょうか。

さらには、

頭とともに足も守らないと。足をケガすると避難出来ない」と、足を体の下に丸め、手で頭をかばう姿勢を示してくれる低学年の子どもなど、1年生から6年生まで、年齢の差を感じさせることなく、いろいろな意見を発表してくれました。

この子どもたちなら、みんなの意見を聴き、自分や自分の家の備えに参考としてくれ、そして「知っている」だけでなく、具体に「している(行動に移す)」こつないでくれるだろうと感じさせられる70分間でした。

だって、この子どもたちは、必ずや南海トラフの巨大地震など、大地震に遭遇しなければならないでしょうから。

その後は、「避難訓練」として、

140119p1010948・おうちの方々の協力のもと「炊き出し訓練」と試食。
・「ロケットストーブ」の実演と説明。
・お昼休みの遊んでいる状態からの地震の発生と、「身を守る行動」、運動場への1次避難しての「点呼」、津波から逃げるために2階のホールへの「2次避難」
・家の人に子どもたちを引き渡す方法や避難所生活などの説明。

などが行われました。

地震の最中の身を守る訓練では、地震の音を100秒間流しての訓練で、大地震のゆれが長いことも体験していました。

その後、ホールから再度外に出ての「消火訓練」です。

140119p1010964消火訓練では、よく見る水が入れられた訓練用の消化器だけでなく、高学年の子どもたちは消化剤の入った本当の消化器で本当の火を消す訓練や、消防団の方々の協力による消防放水の体験が行われました。

140119p1010967子どもたちといっしょに、校長先生や私も消防ホースを持たせてもらいました。

消防ポンプの最大能力だという7気圧での放水を体験させていただきました。

二人の隊員でノズルを持ち、もうひとりがホースを支えて放水をするそうですが、ずいぶんと大きな反力がありました。

140119p1010959本物の消化器による消火や消防ホースによる放水の体験など、実体験は子どもたちの貴重な経験になったと思います。

今日の訓練のために準備をいただいた方々、本日の訓練の実施に協力いただいた方々、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中四国初の公道を走ることが出来るレンタルカート

140107p1010867明日、朝から高松で打ち合わせのため、四万十での新年会を中座し、最終の特急で高松に向かいます。

そこで、中村駅で見つけたのが、このカートです。

少し前にニュースでレンタルカートが始まったことは知っていたのですが、実物を見るのはこれが初めてです。

140107p1010868そばに掲示されていたポスターによると、普通免許(オートマ限定も可)で乗ることが出来、利用料金は、1時間は1,500円、2時間では2,500円・・・と、安く設定されています。

日頃体感できない、路面すれすれの視点での四万十でのドライブを堪能しませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40010

140105p1010864四万十市の「ふるさと応援寄付金」の記念品として、四万十自慢の特産品の二箱目が届きました。

140105p1010865四万十市の新しい特産品として、「かりんとう 40010」や「ゆず甘酢」「ぶしゅかん かけだれ」など、新開発の産品の数々です。

日頃、お世話になっている方々に楽しんでいただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »