« アツいまち3市でサミット 全国へ発信 | トップページ | 雨の中 水防工法の講習会でした »

地域のネットスキルは地域で守る

140215p1020313平成26年2月15日(土)、サンポートホール高松4階の第1小ホールで、(株)情報通信総合研究所、文部科学省、「ネットモラルキャラバン隊」in 香川実行委員会の主催により行われた、 「ネットモラルキャラバン隊」in 香川 に参加してきました。

副題は、安心してインターネットが利用出来る「グッドネット」な環境を、みんなでつくろう! とつけられています。

昨日からの大雪のため、文部科学省の川又課長が高松に来られなくなったため、「子供の携帯電話やインターネットをめぐる問題に関する取組 ~有害情報から守るために~」の講演は急遽中止となりました。

実行委員長の川西さんの、「ネットがらみの犯罪や、ネットいじめなど、怖い情報が流れてくるが、一方、ネットは便利なツールでもある。辞書にもなり、連絡も取りやすく、今後ますますネットを使うことは増えていく。一方的に使わせないではなく、ルールを作り、使っていくことが重要と考えている」との開会挨拶で、会は始まりました。

プログラムは次のとおりです。

○開会挨拶 川西健雄 「ネットモラルキャラバン隊」 in 香川実行委員長 
○総務省説明 「ソーシャルメディアガイドラインの普及促進について」
  渡邉栄一(総務省 四国総合通信局 情報通信部 電気通信事業課長)
○講演「スマートフォン・SNS時代における家庭のルールづくりは?」
  桑崎剛(熊本市立総合ビジネス専門学校 教頭 安心ネットづくり促進協議会 特別会員)
○パネルディスカッション「子どもたちのネットモラルを高めるためにどう取り組むか?」 
  パネリスト:
    山本正昭(香川県教育委員会 事務局 生涯学習・文化財課 主任社会教育主事)
    岡見珠美(香川県PTA連絡協議会副会長、母親代表委員長、土庄町立土庄中学校PTA会長、さぬきっ子安全・安心ネット指導員)
    中川斉史(徳島県東みよし町立足代小学校 主幹教諭)
    工藤陽介(デジタルアーツ(株)経営企画部 コンシューマ課 課長補佐)
  コーディネーター:桑崎剛(熊本市立総合ビジネス専門学校 教頭、安心ネットづくり促進協議会 特別会員)
○ 閉会挨拶 副実行委員長 にしきみやこ

 

会の中では、

・青少年はソーシャルメディアにリテラシーが未熟といえる ← リテラシーを持たせるのは大人の役目
・インターネットトラブルはスマホではなく、ゲーム機や音楽プレイヤーで起きている。
・スマホに子守をさせないで!
・今までと何も変わらない ネットもリアル(現実)も同じ! 人への配慮が必要、人権の視点が 人とのコミュニケーション力が 誠意ある言動が、文書表現が重要

といったことや、ワークショップにより、

・顔を見ないとどうなるかを体験させる
・言葉だけでは伝わらないことを体験させる

ことの事例の紹介もありました。

 

140215p1020348パネルディスカッションでは、フロアからの質疑もあり、

・ネット社会はどんどん変わっていき、親がネットのプロであり続けられないし、あり続ける必要はない。
・ネットは道具なので、道具があると力が倍増する。
・基本は人間関係のトラブルが、ネットで起こっているという話。
・子どもが悩んでいる姿に気づくことが原点ではないか。
・ルールが大事なのではなく、作るプロセスが大事なのだ。

といった話があり、「地域のネットスキルは地域で守る」と締めくくられました。

ネットはリアルな社会とは違う、文字だけで伝えなければならないからこそ、よりコミュニケーション能力が求められるし、フェースツーフェースのコミュニケーションにはかなわないことを認識しておかなければなりません。

ネットモラルキャラバン隊の様子をまとめました。
「140215_netmoral.pdf」をダウンロード(600KB)

|

« アツいまち3市でサミット 全国へ発信 | トップページ | 雨の中 水防工法の講習会でした »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/59421317

この記事へのトラックバック一覧です: 地域のネットスキルは地域で守る:

« アツいまち3市でサミット 全国へ発信 | トップページ | 雨の中 水防工法の講習会でした »