« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

無事登り切れました 石鎚山

140531p1030683平成26年5月31日(土)、平成20年11月から6年ぶりに石鎚山に登ってきました。

西条市登山部と四国地方整備局の合同企画で、石鎚山に登る企画があるとのことで、久しぶりに西条市の方々に会える機会にもなると思い参加しました。

140531p10306316年前はロープウェイから山頂を目指し、同じ道を逆戻り、ロープウェイ乗り場に帰る行程でした。

今回は、出発は同じようにロープウェイから登るものの、下山は二の鎖から土小屋を目指すコースです。

前回とはまた違った気づき、体験が出来ました。

140531p1030646ひょっと天候が急変してはと、カッパとウィンドーブレーカーをリュックに入れ、出発です。

出発前に帽子を忘れていることに気づき、西条の方がお遍路さんが被る昔ながらの日傘を貸していただけました。

140531p1030687これがなかなかの優れもので、一般の帽子だとどうしても帽子の素材は頭に密着してしまいますが、傘と頭の間に隙間が出来るような構造になっており、風が吹くと傘自体が風受けになり、頭の上をその風が通り抜けていきます。

傘の直径も十分あり、顔はもとより肩まで日陰に覆われます。

140531p1030684山頂に到着すると、西条市登山部の方々が氷と共に持ち上げてきてくれていた冷えた缶ビールをいただきました。

こんなに美味しいビールは他にない」と、感動しました。

ビール以外にも、冷えたスイカガスコンロヤカン、ペットボトルの20リットル、カップうどんカップ麺コーヒーもあります。

自分の体重を持ってあがるだけでも「ヒィヒィ」言っているのに、これだけのものを持ってあがっていただき、お接待いただき、ありがとうございました。

140531p1030689

これらの物やお弁当をいただいたところで、山頂の神社で神主さんからお祓いをしていただき、3体のご神体をさわらせていただきました。

140531p1030680中央には鏡があり、正面に立つとお向かいの「天狗嶽」を見ることが出来ます。

さぁ、夕方の懇親会へ向け、下山です。

二の鎖から、土小屋へ向けたルートです。

ロープウェイからのルートとは違って、まわりのいろいろな山の景色を楽しみながら降りて来られました。

登りと違って、からだに余裕があったので、景色を楽しむことが出来たのかも知れませんが・・・

140531p1030721途中、の固まりが残っているところが数カ所あり、手に取ってみるとその冷たさに、5月とは思えないほどの暑い日(全国的には30℃越えの記録が続出)だったことから、生き返る思いでした。

140531p1030725下山途中、妙な機械を発見。

装置の柱には「登山者カウンター④」の文字が。

と言うことは、少なくとも、他にも3カ所はカウンターが設置されているのでしょうか?

140531p1030729無事、土小屋に到着すると「ここは 標高1492米(いよのくに)」との石碑がお出迎え、粋な石碑です。

今回の石鎚登山を企画いただき、また様々なお接待を、ありがとうございました。

6年前の石鎚登山の様子は”こちら ”からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家に着くまでが四万十川総合水防演習です

140511p1030447140511p1030431成26年5月11日(日)、晴れわたるなか、来賓や見学者などを含むと2,000人が集まっての「四万十川総合水防演習」が行われました。

朝7時から集合しての会場の最終チェックや準備のもと、9時から500人の訓練参加者の入場と共に開会式が始まります。

140511p1030410140511p1030435水防工法やライフラインの復旧訓練はもとより、会場内には、国交省、自衛隊、気象庁、高知県など、防災関係機関の展示や、「土石流3D体感シアター」「降雨体験」「地震体験車」や「ラジオコントロールバックフォー」の操作体験など、自らで体験できる防災メニューも。

140511p1030437140511p1030455その中には、土のうづくりロープワークなど、自助として使える体験もあります。

 

 

140511p1030495140511p1030416また、会場内には、地場物産の展示即売コーナーもあり、地元DIYの店舗による、耐震対策グッズの展示販売や、津波の際の最後の砦となる避難カプセルの展示販売なども、地元の産品、食材と共に並べられています。

12時30分までの販売予定でしたが、食材関係は12時前には完売したようでした。

140511p1030513140511p103051612時前に終了した演習ですが、2,000人の方々が帰路につくため、会場駐車場
から出て行く車両の案内にあたる場内スタッフはもとより、高知県警察の方々は、要所要所の交差点に立ち、交通誘導にあたっていただいていました。

四万十川総合水防演習は、家に安全に着くまでが演習です

本日の演習に参加いただいた方々、今日の演習までに準備にご協力いただいた方々、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »