« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

「防災教育」を続けることで「災害文化」に

140725p1030790平成26年7月25日(金)、土佐清水市や教育委員会などの主催で行われた「平成26年度土佐清水市 第49回夏期大学講座」に参加してきました。

今回の講師は、群馬大学広域首都圏防災研究センター長の片田敏孝(かただ としたか)教授です。

1960年群馬県生まれで、専門は災害社会工学です。災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開されています。「釜石の奇跡」でテレビなどでご存知の方も多いのでは。

講座のタイトルは、「南海トラフ巨大地震に備える ~海と共存する文化を築く地域防災~」とつけられています。会場となった土佐清水市立市民文化会館は、400人ほどの参加者で埋め尽くされていました。

講座のはじめは、「海のない群馬で、津波からの避難について研究している。海に近いところで生活しているのだから、このようなこと(津波)と共存しなければならない。僕らがどう向かい合えばいいのか、社会のありようとしてどうあるべきか研究しているので、海の無い群馬の山の中で研究できている」との話で始まりました。

なぜ釜石で防災教育を始めたかの経緯については、

・地震や津波は防げないが、避難すれば命は守れる。
・2004年のインドの津波の被害の光景を見て、津波なんかで死んではいけない。人は死に方がある。
・防災の研究者として、これを活かさなければならないと強く思った。
・誰がこの子供に逃げないという常識を与えてしまったのか ← 大人である
・この子供たちがちゃんと大人になれるだけの、生き抜く力を持つことが第一だろうと、釜石での防災教育に取組始めた。

今回公表された津波や被害の新想定については、

・地域の人たちが千年に一度の計算結果で右往左往している。
・じいちゃんが、この津波の計算結果でオロオロ生きていくより、来たら来たときと生活していく方が、残りの人生は楽しい。
・「想定」が変わっただけ。自然、地球の営みが変わったわけではない。
・海の恵みいっぱい、自然の恵みいっぱい、何も変わっていない。
・「海」と「町」の関係は昔も今も何も変わっていない。

子どもたちについては、

・中学生は助けられる人ではない、助ける人である。
・率先して避難したり、リアカーを使って、避難を支援する訓練。高齢者宅を訪問し、安否札を配布・・・

また、
・本当の防災は、知識ではない。必ず逃げること、逃げられること。
・防災とは、地域から犠牲者を出さないように、みんなで取り組むこと、みんなで頑張ること。
・てんでんこ出来る家庭とは、一人一人が自分の命に「責任」を持つこと、それぞれが「信頼」できること。
・津波の被害を語り続けるのではなく、(避難することを)やり続けて大人になって、お父さん、お母さんになって、次の世代を育んでいってほしい。
・「防災教育」を続けることで「災害文化」になる。

といった話を聞けました。

最後は「地域防災も、学校防災も、家庭防災も、今子どもたちに見せている背中を大事にして。決して負けてほしくない」と締めくくられ、2時間の予定だった講座は2時間15分を過ぎていましたが、そんな時間を感じさせない講座でした。

逃げるのが常識になっている、そんな社会、そんな文化にならなければいけません。

地震も津波も防げませんが、避難すれば命は守れるのですから。

講座の様子をまとめました。
「140725_katada.pdf」をダウンロード(272KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きるには「勇気」がいる 自助があってはじめて共助の担い手が確保できる

140721p1040175 平成26年7月21日(月・祝)、香川県社会福祉総合センターで行われた「県民防災週間2014シンポジウム」に参加してきました。

平成16年の災害を契機に、防災意識の高揚と防災対策の一層の充実を図ることを目的として、7月15日から21日までを「県民防災週間」と定めました。

今回のシンポジウムのプログラムは次のとおりです。

○主催者挨拶 香川県知事 浜田恵造
       (一財)消防科学総合センター 常務理事 岩城慎一

○講演「南海トラフ地震にどう備えるか ~県民の心がまえと減災~」
  河田恵昭(かわた よしあき)関西大学社会安全部・社会安全研究センター長・教授

○講演「巨大地震への県民の備え ~自助と防災が共助を可能とする~」
  中林一樹(なかばやし いつき)明治大学経済学研究科特任教授

 

140721p1040335 河田さんからは、

・震災を風化させてはいけない。
・M9.0の地震が起こると、コンビニ、スーパーにある水やペットボトルが無くなる。全国に12日分の備蓄しかない。 ←賞味期限を気にする国民に対応するために、備蓄しない流通システムとなっている。
・6,100万人の被災者、707の市町村(1725の全市町村の4割ほど)が被災。
・災害を忘れさせない 「日常防災」は難しい、「ついでに防災」へ! 「観光防災」でいい。
・四国は停電、大渋滞、市街地延焼火災、すぐに陸の孤島になる、被災地の治安悪化 → どんなことが起きるかをちゃんと認識し、備えることが重要。
・みんながケガをしない ← 次のアクションのために、一番重要なこと
・生きるためには「勇気」がいる。避難ビルの指定が出来ていなくても、レンガ一つを持って行って、高層ビルの窓を割り、避難する「勇気」がいる。

といった話を聞くことが出来ました。

質疑では、学校関係者から、訓練や予算の無いことについての質問があり、

・訓練をやって、失敗することが大事。失敗することで、どこを改善すべきかわかってくる。
・5年間するのであれば、1年目、2年目、それぞれの年の目標の達成度をフィードバック、PDCAで。
・お金がなかったら保護者からお金を出し合って基金を作る。民主主義は「自己責任」の社会。自分でできることは自分でする。

との回答をいただきました。

 

140721p1040340 中林さんからは、Shake Outの説明と共に、

・「防災」による被害軽減があってはじめて被災後の「減災」が可能となる。
・自助があってはじめて共助の担い手が確保できる。
・防災は少しの「勇気」と、少しやってみる。「失敗」し、失敗を成功に改善する。
・南海トラフ地震では、被災人口が東日本大震災の750万人に比べ3,500万人と多いことから、東日本大震災の1/3の支援しかこないと思わなければならない

といった話があり、「南海トラフ巨大地震の被害を半減できるかどうかは、みなさんご自身の被害を半減できるかにかかっている」と締めくくられました。

シンポジウムの様子をまとめました。
「140721_kenminbousai.pdf」をダウンロード (350KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンポートの 夜が熱い!

140720p1040165 140720p1040262 平成26年7月20日(日)、今日はサンポートで、夜まですごします。

まずは、「四国さとあいビアフェスタ in 香川」で、アサヒビールのスーパードライを飲みながら四国4県のご当地おつまみを食べられるというものです。

140720p104026418時過ぎからの参加だったため、おつまみは「売り切れ」続出。

なんとかコロッケと串カツ、沖縄のゴーヤチャンプルとサーダアンダギー、そして奥さんにあわせてノンアルコールのカクテルで夕食です。

 

140720p1040269 続いては、7月19日から8月8日まで毎夜3回行われる「香川ウォーターフロント フェスティバル」です。

瀬戸内海国立公園指定80周年記念の取組で、瀬戸内海の海上に繰り広げられる約15分間のショーです。

スマホに「ぐるぐるリール」のアプリをインストールすると、ショーの最中に釣りのゲームを楽しめるそうです。

140720p1040274 入場は無料ですが、前日までにセブンイレブンで入場券を手に入れるか、当日、会場で入場券を手に入れる必要があります。

入手できた入場券は21:20開演、20:35開場の券でしたので、しばらくサンポートで時間つぶし。

 

140720p1040286 140720p1040279 周辺では、火のついたたいまつによるジャグリングやその火を口に入れて消す大道芸人、なが~い足をつけてダンス・パフォーマンスを行う大道芸人など、多くの人たちが楽しんでいました。

 

開場時間を過ぎたので、サンポートの海岸に向かいます。 

140720p1040297 140720p1040300 階段状になっている遊歩道が椅子がわりとなり、多くの人たちが腰掛けてウォーターフロントフェスティバルの開始を待っています。

すると、左手(西側)で花火があがっています。

140720p1040308 右手(東側)には、赤灯台が優しく瞬いています。

そんな具合で、待っていても退屈しません。

ときおり吹いてくる海風は冷たく、熱い身体を冷やしてくれます。

いよいよショーの始まりです。

140720p1040309 沖合の横20m、高さ10mの噴水のスクリーンに、幻想的な映像が映し出されます。

後半では、スマホを使った釣りゲームです。

参加者が4つのグループに分かれての競争です。

140720p1040314 最後には、釣り上げた魚の図鑑を見ることも出来ます。

そんなこんなの一夜を終え、琴電で家へと帰ります。

8月8日まで行われていますので、ぜひみなさんも、サンポートを訪れてみてください。

あたりが暗くなる、遅い時間の方が良いかも・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄道」に「文化」を冠した博物館 四国鉄道文化館のこれからを語る

140720p1040237 平成26年7月20日(日)、西条市主催で、西条国際ホテルで行われた「四国鉄道文化館南館開館記念シンポジウム」に参加してきました。

本日、四国鉄道文化館の南館がオープンしたことを記念するシンポジウムです。

プログラムは下記のとおりです。

○主催者代表挨拶 西条市長 青野勝

○基調講演「十川国鉄総裁の瀬戸内観光構想 ー瀬戸内海と地中海ー」
  東京大学名誉教授、十川信二文書研究代表 原朗

○パネルディスカッション「四国鉄道文化館とその可能性を語る」
  コーディネーター:加藤信一(鉄道史研究家/十河文書研究会)
  パネリスト:泉 雅文(四国旅客鉄道株式会社 代表取締役社長)
        つだゆみ(「十河信二伝」著者/漫画家)
        平井 誠(愛媛県歴史文化博物館 主任学芸員)
        青野 勝(西条市長)

○閉会挨拶 西条市副市長 真鍋和年

 

140720p1040240 まず、「十川国鉄総裁の瀬戸内観光構想 ー瀬戸内海と地中海ー」と題した基調講演です。

十河信二文書研究の代表で、東京大学名誉教授の原朗さんです。

十河信二が鉄道総裁に就任したときの三構想、

①新幹線の建設:広軌別線の新幹線を作り東海道線の混雑を緩和する。新しい技術を採り入れて、全く新しい鉄道、世界一安全な、乗り心地の良い、高速の鉄道を作りたい。

②世界の観光客が地中海に向かうように、瀬戸内海を観光と産業の中心にする。

③東京駅改造計画:ホームの上の空間に高層ビルを建築、交通機関の諸機関を集中させる

の紹介に始まり、「地中海」と「瀬戸内海」の類似性、瀬戸内海と四国の観光と産業について、お話しいただきました。

 

140720p1040253 パネルディスカッションは、「四国鉄道文化館とその可能性を語る」と題し、鉄道史研究家で南館の記念展示の監修を担当いただいた加藤信一さんのコーディネートのもと、JR四国の代表取締役社長の泉雅文さん、十河信二のマンガ本を書かれたつだゆみさん、愛媛県歴史文化博物館主任学芸員で鉄道に関する特別展なども企画される平井誠さん、そして西条市長の青野勝さんの4名のパネリストで進められます。

・移動だけでなく、乗ることを楽しんでもらおう。
・「鉄道」に「文化」を冠した博物館はあまり聞いたことがない。
・十川信二先生がいなかったら、新幹線が無かったら、どうなっていたかを考えてほしい。
・地域に根ざした博物館である。その上で、県内、県外との交流が必要。
・連携、継続、進化していくことが大事。
・鉄道文化館をいろいろな活動の拠点に。
・四国の鉄道は別子銅山鉄道など産業鉄道から始まった140年+アルファの歴史。

140720p1040244 そんな話を聞くことが出来ました。

最後は、鉱山は鉄道の歴史に大きな役割、功績を果たす。「鉱山だけに大きな功績がある」と締めくくられました。

シンポジウムの様子をまとめました。
「140720_tetsudou.pdf」をダウンロード (899KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観て、触れて、乗車して、体感できる「四国鉄道文化館」に南館オープン

140720p1040214 平成26年7月20日(日)、西条市の「鉄道歴史パーク in SAIJO」にある「四国鉄道文化館」の南館がオープンしました。

平成19年に、0系新幹線DF50形ディーゼル機関車の1号機の展示で始まった「四国鉄道文化館」。

伊予西条駅をはさんだ南側に、「南館」がオープンしました。

140720p1040186 南のゾーンには四国鉄道文化館南館の建物、屋外にはフリーゲージトレインミニ列車を走らせることが出来るレールが敷設されています。

140720p1040185 また、木製にこだわった四国鉄道文化館にマッチするよう、自転車置き場も木製で仕上げられています。

 

140720p1040196南館の中には、C57形蒸気機関車をはじめ、DE10形機関車キハ65形気動車、広軌と狭軌のレールやさまざまな標識などが展示されています。

140720p1040227 キハ65形気動車では冷房の効いた車内で休憩することが出来ますし、C57形蒸気機関車では、ボランティア? の方の指導のもと、ブレーキや蒸気弁を操作し蒸気機関車の運転を体験出来ます。

 

140720p1040230南館入り口脇には大きなジオラマが設けられ、伊予西条駅やそのまわりの風景を模したまちなみが再現され、西条祭りのだんじりや沈下橋で遊ぶ子ども達を見つけることが出来ます。

140720p1040235e ジオラマの脇には、マスコンがあり、自動運転以外に手動での運転も出来るようになっているようでしたが、開館初日の今日は自動運転となっていました。

 

140720p1040209南館では、蒸気機関車の構造を間近で確認することが出来ます。

140720p1040211 今では常識の回転する座席や背もたれの方向が変えられるシートも、キハ65形気動車では4人掛けのボックスシートは固定式で、座り心地を体感することが出来ます。

そんなものづくり、技術の変化を是非体感しに来てください。

 

140720p1040181 300円の入場料で、6台の実車両を観て、触れて、乗車して、体感できる「四国鉄道文化館」

新幹線の生みの親、十河信二に思いを寄せながら、四国の鉄道の歴史と文化に触れに来てください。

JAFの会員だと、2割引の240円で入場できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学・技術だけでは減災は出来ない

140712h260712平成26年7月12日(土)、(公社)土木学会四国支部と高知県地震防災研究会の主催により、津波避難ビルにもなっている高知市文化プラザかるぽーとで行われた「高知県地震防災研究会 2014年度技術発表会」に参加してきました。

140712p1040010今回の発表会は、下記のプログラムのとおり、海洋研究開発機構(JAMSTEC)招聘上席技術研究員 の金田義之さん、高知県立大学大学院看護学研究科 災害看護グローバルリーダー養成プログラム 特任准教授の久保田聰美さん、高知県地震防災研究会会長の吉川政昭さんの3人が発表者です。

○開会挨拶 高知県地震防災研究会会長 吉川正昭

○巨大地震災害への備え ~高知の備え、四国の備え~
 名古屋大学減災連携研究センター特任教授、海洋研究開発機構(JAMSTEC)招聘上席技術研究員 金田義之

○医療現場における災害への”そなえ” ~減災教育の実際~
 高知県立大学大学院看護学研究科 災害看護グローバルリーダー養成プログラム 特任准教授 久保田聰美

○南海地震 ~どうすれば軽減できる?~
 高知県地震防災研究会 会長 吉川政昭

○全体ディスカッション 

○閉会挨拶

140712p1040018金田さんからは、

・津波にばかり目がいっているが、津波の前に「地震」が来る。
・次の巨大地震への備えでは、阪神淡路大震災の教訓も生かすことが不可欠。
・液状化被害:液状化が起きると、地盤沈下、隆起、どこにレベル合わせをして復興すればいいのか、復興が遅れる。
・広域複合災害:地震、地盤沈降、液状化、津波、倒壊、津波火災、漂流物
・今回の被害想定では、”最大クラス”モデルの設定 ← 決して次の地震の想定ではない。これが起きる可能性は非常に小さい。

といった地震や津波、被害に関することや、

・過疎化、都市構造など社会環境が変わってくるので、将来の人口比率などを考えた復興復旧計画が必要。
・現在の対策を考えることも大切だが、10年、20年、30年後の対策を考えることが必要。

といった、復興計画など、被災後の話も聞けました。

最後は、「科学・技術だけでは減災はできない。みなさんとの連携で初めて減災ができるのです」と締めくくられました。

140712p1040023久保田さんからは、

・限られた医療資源で、最大の命を救いたい。
・阪神淡路大震災の経験から生まれたDMATは、救急・救命医療を意識した組織なので、東日本大震災のような中・長期にわたる医療や、情報が無く、状況把握が出来ない状況では、機能しないところがいっぱいあった。
・トリアージも、緑の患者さんが一番医療現場を混乱させた。
・災害看護シミュレーション:南海トラフの巨大地震が起こったら、医療機関の職員・専門職としてどのように判断して行動するか、そのために、日頃から災害の備えをどうするか、みんなで考えることが出来る。

といった話を、具体の災害看護シミュレーションの例や、高知県の医療体制の実情もあわせてお話しいただきました。

140712p1040071最後の吉川さんからは、

・まずは自分の家が壊れないことが大事。
・地震で家が壊れて死んでいくと、遺書もなく、一番悲しいこと。

と、まずは津波の前に、地震の揺れに殺されないよう、家の耐震化と火災への備えなどについてお話しいただきました。

地震の揺れや津波を正しく理解し、正しく恐れ、準備しておくことで、ケガをしない、死んだりしない、津波から避難できる必要条件がそろいます。

私たちは大きな地震や津波の来る、そういうところに、自然恵みを得ながら、住んでいるのですから・・・。

発表会の様子をまとめました。
「140712_jisinbousai.pdf」をダウンロード(316KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道が廃止されて栄えた町はない 三陸鉄道の復旧・復興

140705p1030866平成26年7月5日(土)、奈半利町立町民会館で行われた「今日はごめん・なはり線の日 特別企画講演会」に参加してきました。

中村駅から列車を乗り継ぎ3時間半、海岸沿いをたくさんのビニールハウスを見ながらごめん・なはり線で移動です。

特別企画講演会は、三陸鉄道沿線の方々による「幸せのフォーチュンクッキー」のビデオ上映から始まりました。

140705p1030902講師は、三陸鉄道株式会社 代表取締役社長の望月正彦さんです。

岩手県庁の職員を経て、平成22年6月から三陸鉄道の社長に就任、東日本大震災の復旧、復興に携わられてきた方です。

演題は「三陸鉄道 復旧・復興への道」とつけられています。

開業から10年間は黒字だった三陸鉄道も、沿線の人口が減り、道路がよくなり、マイカー、円高となり国内旅行から海外旅行へとシフトし、平成6年からは赤字に。

恋し浜駅でホタテ絵馬で願掛けや、コタツ列車の運行など、観光面での工夫をしていたところに東日本大震災の発生です。

停電のなか、列車のディーゼルエンジンを起動して、列車を使った災害対策本部の設置。1台の災害時有線電話とホワイトボード、ノートで初動の対応。

被害の状況を速やかに把握し、復旧する路線の順番を決め、市町村や県に了解を取り付け、今年の4月、全区間の運転再開にまでこぎ着けました。

その間、自衛隊、市町村、企業など、様々な方々に支援いただきながら、会社としても収入を得る努力を続けられました。

140705p1030903最後は、「鉄道が廃止されて栄えた町はない。ぜひ一回来て下さい、乗りに来て下さい」と締めくくられました。

質疑の時間には、予定の時間ぎりぎりまで、多くの方々との質疑が続きました。

その中では、

現場がわかっている市町村はよかった。自衛隊への要請や燃料の確保、広報などで協力してもらえた。現場がわかっていない県がダメだった。「どうしてそんなに再開を急ぐのか?」「行方不明者の捜索に燃料をまわせ!」と言われた。

そんな、生々しいお話も聞けました。

140705p1030894講演会の様子をまとめました。
「140705_santetsu.pdf」をダウンロード(492KB)

会場では、三陸鉄道の復興までのパネル展も行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »