« 観て、触れて、乗車して、体感できる「四国鉄道文化館」に南館オープン | トップページ | サンポートの 夜が熱い! »

「鉄道」に「文化」を冠した博物館 四国鉄道文化館のこれからを語る

140720p1040237 平成26年7月20日(日)、西条市主催で、西条国際ホテルで行われた「四国鉄道文化館南館開館記念シンポジウム」に参加してきました。

本日、四国鉄道文化館の南館がオープンしたことを記念するシンポジウムです。

プログラムは下記のとおりです。

○主催者代表挨拶 西条市長 青野勝

○基調講演「十川国鉄総裁の瀬戸内観光構想 ー瀬戸内海と地中海ー」
  東京大学名誉教授、十川信二文書研究代表 原朗

○パネルディスカッション「四国鉄道文化館とその可能性を語る」
  コーディネーター:加藤信一(鉄道史研究家/十河文書研究会)
  パネリスト:泉 雅文(四国旅客鉄道株式会社 代表取締役社長)
        つだゆみ(「十河信二伝」著者/漫画家)
        平井 誠(愛媛県歴史文化博物館 主任学芸員)
        青野 勝(西条市長)

○閉会挨拶 西条市副市長 真鍋和年

 

140720p1040240 まず、「十川国鉄総裁の瀬戸内観光構想 ー瀬戸内海と地中海ー」と題した基調講演です。

十河信二文書研究の代表で、東京大学名誉教授の原朗さんです。

十河信二が鉄道総裁に就任したときの三構想、

①新幹線の建設:広軌別線の新幹線を作り東海道線の混雑を緩和する。新しい技術を採り入れて、全く新しい鉄道、世界一安全な、乗り心地の良い、高速の鉄道を作りたい。

②世界の観光客が地中海に向かうように、瀬戸内海を観光と産業の中心にする。

③東京駅改造計画:ホームの上の空間に高層ビルを建築、交通機関の諸機関を集中させる

の紹介に始まり、「地中海」と「瀬戸内海」の類似性、瀬戸内海と四国の観光と産業について、お話しいただきました。

 

140720p1040253 パネルディスカッションは、「四国鉄道文化館とその可能性を語る」と題し、鉄道史研究家で南館の記念展示の監修を担当いただいた加藤信一さんのコーディネートのもと、JR四国の代表取締役社長の泉雅文さん、十河信二のマンガ本を書かれたつだゆみさん、愛媛県歴史文化博物館主任学芸員で鉄道に関する特別展なども企画される平井誠さん、そして西条市長の青野勝さんの4名のパネリストで進められます。

・移動だけでなく、乗ることを楽しんでもらおう。
・「鉄道」に「文化」を冠した博物館はあまり聞いたことがない。
・十川信二先生がいなかったら、新幹線が無かったら、どうなっていたかを考えてほしい。
・地域に根ざした博物館である。その上で、県内、県外との交流が必要。
・連携、継続、進化していくことが大事。
・鉄道文化館をいろいろな活動の拠点に。
・四国の鉄道は別子銅山鉄道など産業鉄道から始まった140年+アルファの歴史。

140720p1040244 そんな話を聞くことが出来ました。

最後は、鉱山は鉄道の歴史に大きな役割、功績を果たす。「鉱山だけに大きな功績がある」と締めくくられました。

シンポジウムの様子をまとめました。
「140720_tetsudou.pdf」をダウンロード (899KB)

|

« 観て、触れて、乗車して、体感できる「四国鉄道文化館」に南館オープン | トップページ | サンポートの 夜が熱い! »

勉強」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/60025230

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道」に「文化」を冠した博物館 四国鉄道文化館のこれからを語る:

« 観て、触れて、乗車して、体感できる「四国鉄道文化館」に南館オープン | トップページ | サンポートの 夜が熱い! »