« 自助、共助、公助、それぞれにやらなければならないことがあります | トップページ | 五ヶ月間にわたった講座が終わりました »

タロット占い 初体験

150212p1060471ある献血ルームでの献血者へのサービスとして「タロット占い」が行われていました。

以前にも出くわしたことがあったのですが、そのときには順番待ちの人数が多くあきらめました。

今回は、今占っていただいている人の他には、予約表には一人しか名前が書かれていません。そこで、自分の名前を書くことに。

一人5~10分間ぐらいだろうと思って待っていると、今占っていただいている若い女性は、進路(就職?)について相談しているようでした。

ときおり笑い声も聞こえながら、なかなか終わりません。男性の占い師の方だったので、「若い女性には丁寧なのかなぁ」とか思いながら待っていました。

次の方は、先ほどの女性の友達のようです。やはり30分間ほど占ってもらっていました。

ようやく私の番です。

占って欲しいというのは、女性の方が多いんでしょうねぇ?」との私の問いに・・・

占いは女こどもの遊びではありません。武田信玄やヒットラーなど、占いにより政策や戦術を決めていました」と。ちょっと怒らせてしまったかもしれません。

生年月日と職業を聞かれ、「公務員です」と答えると、「公務員にもいろいろありますが?」と。

国家公務員、国土交通省です」との答えに、「国土交通省はどんな仕事をするのですか?」と。

みなさんが一番身近で見ることが出来るのは道路や河川の堤防とかでしょうか」との答えから、「道路や道路標識を作るのは警察ではないのですか?」など、警察と国土交通省の役割や関係についてしばらく会話が続きました。

いつになったら占いが始まるのかと心配になり始めたところで、占い師さんから「今日はどんなことを?」と。

4月は移動の時期で私は転勤族ですし、私も定年退職まであと4年間となりました。なので、”これから、こんなことに気をつけたらいいよ”といったことについて占って下さい」とお願いしました。

カードを一枚引き、これは今の状況で「決まりをきっちり守る、そんな生活をしてきている。公務員らしい」。

2枚目のカードを引き、「死に神、生と死の世界の変化点を表現。決してあなたは死にたいわけではないでしょうから、大きく変化したいとの思い」。

3枚目のカードを引き、「人に好かれる、人気運がある」。

4枚目のカードを引き、「自分の思うとおりのことをする。そんな様子がうかがえる」。

今までは何か理由があって今の仕事(公務員)をしているけれど、自分の思うことをやりたいとの思いがある

そして「手を見せて下さい」と、私の両手の手相を見て「公務員らしくない手相だ」と。

先ほどの道路の話なんか、一般の人は知らないことばかり。道路のこんなことは誰に相談したらいいのかなど、是非、一般の人のためにも、国土交通省の理解にもつながるし、今から定年までの間に本にまとめるとか。それがしだいに世の中に知れ渡り、テレビなどにも出るようになって。そんな将来を目指して下さい」と。

最後には、占い師さんの名詞の裏に「人生、好き放題!」の言葉を書いて、私に渡してくれました。

家に帰ってからタロット占いのやり方、カードの意味、占い師さんのホームページを調べてみました。

カードの絵柄はもとより、カードの上下の向きにも意味があるとのこと。

標準的なカードの意味から、どう依頼者に当てはめ、説明をするかは、占い師さんの力にかかっているようでした。

また、この占い師さんの場合「30分間、4,000円」との料金がホームページに書かれていました。

タロットカードの意味はもとより、依頼者との最初の雑談の中から、依頼者の思いや現状、個人情報などを聞き出しておき、出てきたタロットカードの意味合いを、どう表現、説明するかを創り出す、占い師って創造者(クリエイター)だと感じさせた30分間でした。

|

« 自助、共助、公助、それぞれにやらなければならないことがあります | トップページ | 五ヶ月間にわたった講座が終わりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/61155166

この記事へのトラックバック一覧です: タロット占い 初体験:

« 自助、共助、公助、それぞれにやらなければならないことがあります | トップページ | 五ヶ月間にわたった講座が終わりました »