« 防災の担い手に 年齢は関係ありません | トップページ | タロット占い 初体験 »

自助、共助、公助、それぞれにやらなければならないことがあります

平成27年2月1日(日)、中村地区建設協同組合会館で高知県建設業協会幡多支部連合会青年部の主催で開催されました「第2回 地域建設産業の再生について考える会」に参加してきました。

第2回目となるこの会には、「大規模災害時において私達一人一人が出来ること」との副題がつけられています。

開会にあたり、青年部部長の植田さんの、

・第1回目からの思いは、建設産業に携わっている人たちは当たり前の存在、何をやっているのか理解されないままにあるのが現状。
・受発注者間は意見交換の場はあるが、なかなかその輪から抜け出せていないということで、一般の方々、市民を交えた講演会、勉強会が出来ないかと、前回から始めた。というのは、地域建設産業の問題は地域そのものだとの思いがあり、問題を受発注者間だけで考えるのではなく、一般の方々と意見交換をしたく始めた。
・第1回のアンケート結果から、自分たち(地域建設産業)の役割として、「防災、減災への期待」というのが大きく出ていました。
・ということで、大規模災害への勉強会を開くこととなりました。

といった挨拶で、会は始まりました。

このような会の趣旨ゆえ、「自助」「共助」「公助」をテーマに、下記のようなプログラムでした。

○「自助」 松本秀應 国土交通省中筋川総合開発工事事務所長
○「共助」 大西勝也 黒潮町長
○「公助」 石田和敏 国土交通省中村河川国道事務所長
○まとめ 福田昌史 高知工科大学客員教授

自助」では、

・想像力を鍛え、具体的に対策を考え、実行する
・事前にやれること、やるべきことをやっておく
・マイナス6をプラス1に

を今日の目標に、敵を知り、己を知っていただくために、東日本大震災の映像を紹介しながら、四国で南海トラフの巨大地震が起きたらどんなことが起きうるのか、どんなことに備えておかなえればならないのかをイメージしていただき、必ず大きな地震が起きる高知に住む人のお作法として、どう災害に備えるか考え、行動に移していただくことをお願いしました。

共助」では、南海トラフの巨大地震により、全国一の津波高さが想定された黒潮町での取り組みの紹介があり、

・今は、「行政主体」から「住民主体」へと移行しようとしているところ。
・逃げる人を作りたい。「逃げる」は、自助ではないかと言われる。 → 人間は弱い生き物で、家族や地域でやらないと行動に移せない。
・「自助」に分類されるようなことでも、「共助」になる。率先避難者となることで、みんなが逃げ出す。かまどベンチ その地域のお年寄りが「かまどベンチ」を喜ばれた。そんなことでも、生きる行動につながりうる。

といったお話しがあり、34mの津波高さが公表された時、避難をあきらめられた町民の方が、今では生き残るために避難訓練にも参加し、体力をつけようとするまで、「人は変われる」ことの重要性で締めくくられました。

公助」では、

・自衛隊ではそう簡単にがれきの片づけは出来ない。地元の建設業がいないと、がれきの片づけは出来なかった。
・道路啓開では、建設会社は警報が出ていたが、建設会社から重機を出し作業を行った。訓練通りのことはできず、現場で合わせ技を使いながら、対処していった。やめる、あきらめるとの選択肢はなかった。
・備えていたことしか役に立たなかった、備えただけでは役に立たなかった。

といったお話しがあり、「関東大震災は”火災”、阪神淡路大震災は”圧死”、東日本大震災は”津波”と、同じような震災はない。土木は悪いイメージがあり、誤解されている部分がある。みなさまにわかりやすい対策を進めていかなければ」と、締めくくられました。

さいご、高知工科大学客員教授の福田さんのまとめでは、

自助:少なくとも、自分が住んでいるところがどんな災害の歴史を持っているのかを知って欲しい。

共助:隣に誰が住んでいるかわからないような、壊れた地域社会とならないよう、共同で欠かさず行うことを。祭事があれば、みんなが集まって近況の報告や話し合いができる。地域建設業は、地域の行事を支えることも、大きな役割である。

公助:情報を正しく住民に伝える。地域の建設業が活躍しやすい情報ネットワークを作って欲しい。

と、3人の講師の話に出てこなかったポイントを補強いただき、「いろいろな立場の人が集まって、来年もこの会ができればと思います」と締めくくられました。

地域防災力の向上のために、自助、共助、公助、それぞれにやれること、やらなければならないことがあります。

さぁ、行動に移しましょう。

考える会の様子をメモにまとめました。
「150201_kensetsu.pdf」をダウンロード(265KB)

 

昨年の第1回の考える会の様子は、こちらです。

|

« 防災の担い手に 年齢は関係ありません | トップページ | タロット占い 初体験 »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/61303329

この記事へのトラックバック一覧です: 自助、共助、公助、それぞれにやらなければならないことがあります:

« 防災の担い手に 年齢は関係ありません | トップページ | タロット占い 初体験 »