« この自然をまだ見ぬ人に引き継ぐこと これも「おもてなし」 | トップページ | 和食恐るべし 日本人の体と心を作ってきた食文化 »

一人一人が出来ることを行動し 物部川は変わります

150222p1060497平成27年2月22日(日)、高知工科大学の講堂で、物部川に感謝する実行委員会と物部川21世紀の森と水の会の主催により行われた「~物部川に感謝する日~ のぞいてみんかえ物部川」に参加してきました。

この地域に昔から恵みを与えてくれている物部川。この物部川がしだいに傷つき、水質が悪くなってきた。そこで、今日のようなイベントをして、物部川の現状を理解し、物部川に感謝していただきたいと思う」との、実行委員長の挨拶で始まりました。

プログラムは次のとおりです。

「学の部」
○開会挨拶 物部川に感謝する実行委員会 委員長
○「やっぱり大好き物部川コンテスト」表彰式
○「のぞいてみんかえ物部川 ~お話とクイズ~」
  1)物部川と私の農業
  2)山に優しい林業
  3)漁業部門
  4)森林をみんなで 救おうリン!
  5)環境学習で学んだこと
  6)高知大学農学部 土地保全額研究室 プレゼンス
○「浅水代かき始めました」

「食」の部
○無料提供
  ・シカ肉カレー
  ・シカ焼き肉(数量限定)
○販売
  ・シカドッグ、シカバーガー
  ・野菜のかき揚げほか
  ・コーヒー、お菓子

「楽」の部
○ミュージカル「いっしょに生きゆうがよ物部川」
○のぞいてみんかえ物部川クイズ 正解発表 & 賞品抽選会
○3市長の物部川への想い
○閉会挨拶 物部川21世紀の森と水の会 代表

150222p1060506」の部の「のぞいてみんかえ物部川 ~お話とクイズ~」では、農薬の代わりに害虫を食べてくれる天敵の虫を使う話、山を傷めない林業機械の話、海底に沈んでしまっているゴミの話、森林を傷めてしまった原因の話などと、クイズが出されました。

150222p1060516その中では、「濁水はいろいろなデメリットがあるが、出てきた濁水を使う方法を考えること」の大切さも、実験をまじえながら報告されました。

150222p1060521」の部では、シカ肉カレーや鮎が無料で配られ、みなさん美味しくいただいていました。

150222p1060526」の部では、約1時間の超大作ミュージカル「いっしょに生きゆうがよ物部川」が、高知工科大学の渡辺教授をはじめ、大学生や小学生、市の職員のみなさんにより上演されました。

みなさまお楽しみの物部川クイズ正解発表と商品抽選会では、モチ米合計120キロをはじめ、さまざまな個性豊かな賞品が用意されていました。

150222p1060539最後は「3市長の物部川への想い」です。

3市長とも、「物部川との関わりや、この地域に多くの恵みを物部川が与えてくれていること、濁水のためにいろいろな方が関わりを持ってくれていること、関心を持つこと、一人一人が出来ることを考えることから進めていけばいい、行政はしっかり支援していく」と、いきごみを言われました。

150222p1060540そうです、一人一人が出来ることを考えることから進め、行動に移していけば、物部川は変わります。

物部川に感謝する日の様子をメモにまとめました。
「150222_monobe.pdf」をダウンロード(578KB)

|

« この自然をまだ見ぬ人に引き継ぐこと これも「おもてなし」 | トップページ | 和食恐るべし 日本人の体と心を作ってきた食文化 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/61297930

この記事へのトラックバック一覧です: 一人一人が出来ることを行動し 物部川は変わります:

« この自然をまだ見ぬ人に引き継ぐこと これも「おもてなし」 | トップページ | 和食恐るべし 日本人の体と心を作ってきた食文化 »