« 和食恐るべし 日本人の体と心を作ってきた食文化 | トップページ | 親は 子育ては 親にしかできない »

認知症 腹を立てずに顔を立て みず・めし・うん・うん

150315p1060703平成27年3月15日(日)、四万十市立中央公民会で四万十市の主催で開かれた平成26年度 市民講座「認知症」に参加してきました。

副題に「~認知症は予防できる!改善できる~」とつけられています。

開会挨拶では、「認知症は、本人や家族の生活に甚大なる影響を及ぼすもの。85歳以上の4割の方に認知症状が見られる。認知症はどこの家庭でも見られる症状」、「認知症を恐れるのではなく、正しく理解し、対処する方法を身につけることが大事」といった話しがありました。

プログラムは次のとおり、お二人の講演と、3件の事例報告です。

○講演講演① 高齢期の身体と変化と認知症 ~認知症は予防できる!改善できる!  森本外科・脳神経外科医院 金田弘子

○実践発表
 1)表情が乏しく、ぼーっとしていたHさん
    西野ひとみ(かいご老人福祉施設 四万十の郷)
 2)通所リハという場所で私たちに出来ることは・・・
    敷地美加(通所リハビリテーション 治優園)
 3)Nさんらしさを取り戻すために
    井口小百合(フループホーム なはことば四万十)

○講演② 「上手に老いるための自己点検」
  (財)長寿社会開発センター 審議役 石黒秀喜

150315p1060704金田さんからは、高齢者の水分の摂取不足がのどの渇きや便秘を産み、食欲を落とし、それがまた便秘へとつながり悪循環となり、食欲の減退は低栄養の状態となり、耐力が落ちることで運動機能が低下、運動不足が便秘を増強といった、悪循環になることを紹介されました。

水分不足は死にもつながりうることで、体重の6割ほどある水分(体液)の1~2%(250~500cc)を失うだけで意識障害が発生し、10%(2,500cc)失うと死に至るそうです。

水は生命の源であり、細胞を活性化する。その結果、意識、覚醒水準改善となり、認知症状の改善につながります。

 

実践発表では、3人の方について、水分摂取を工夫することで、認知症症状の改善が認められたこと、どんな工夫をしたのか、プライドやプライバシーに配慮し、恥をかかせたり不愉快な思いをさせないことの大切さなどが報告されました。

 

150315p1060706石黒さんからは「上手に老いるための自己点検」と題して、介護され上手の準備のポイント、家族の心理と心構え、健康長寿の3大要素などについて紹介がありました。

本人の心境を汲んで、プライドを傷つけない関わり方をするためには、「知識、感性、忍耐、演技」と「余裕」が必要。本人に「腹を立てずに、顔を立てる」が肝要です。

「認知症なので、怒らせても、不愉快な思いをさせても覚えていないだろう」は間違い。偏頭体に、不愉快な気持ちやうれしかった気持ちは覚えている。いやな思いは蓄積されていくのです。

市民講座の様子をメモにまとめました。
「150315_ninchisyo.pdf」をダウンロード(316KB)

|

« 和食恐るべし 日本人の体と心を作ってきた食文化 | トップページ | 親は 子育ては 親にしかできない »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/61293276

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症 腹を立てずに顔を立て みず・めし・うん・うん:

« 和食恐るべし 日本人の体と心を作ってきた食文化 | トップページ | 親は 子育ては 親にしかできない »