« 認知症 腹を立てずに顔を立て みず・めし・うん・うん | トップページ | 梅雨入り前の肱川に かけ声が響きます »

親は 子育ては 親にしかできない

150523p1060832平成27年5月23日(土)、平成27年度土木学会四国支部 第21回技術研究発表会の一環として行われた「若手土木技術者の交流サロン」に参加してきました。

タイトルは「子育て女性技術者が辞めずにすむ働き方の実践法 ~イクメン・イクボスも集まれ!~」とされています。

女性が結婚しても出産しても、仕事を辞めなくていい生き方、仕事のスタイルについて、女性技術者がこれから社会に出たとき、そして立ち止まったとき、どのようにすればいいのかについて情報を共有し、女性だけでなくイクメン・イクボスとの交流も深めたいと、行われたものです。

プログラムは以下のとおりです。

◇趣旨説明 香川高専 内田百合子
◇講演者(1人8分×5名)
 1.子育て中の若手技術者 高松市役所 都市整備局 河港課 主査 国田
 2.子育て中の若手技術者 香川県 中讃土木事務所 道路第一課 村川
 3.子育て中の若手技術者 (株)四電技術コンサルタント 甲斐佳子
 4.子育て中の若手技術者 復建調査設計(株) 四国支社設計課 岩井
 5.子育て中のイクメン  香川高等専門学校 大賀祐介
◇フリートーク
◇ベリーショート・スピーチ

150523p10608634人の土木に携わる女性技術者と一人のイクメンの実践者から、苦労したこと、活用したこと、工夫したこと、心構えや、出産して良かったことなどが紹介されました。

その中では、「慣らし保育の時期には病気もよくするので、育児休暇中に慣らし保育までを終えていた方が良い」「女性の仕事に理解のあるパートナーを見つけること!」といった実体験から見えてきたことと共に、「ママパパ育休プラス」など育児休業に関する新しい制度の活用など、具体的な話しがたくさんありました。

150523p1060936講演者のお一人は、「本当にその人にしかできない仕事はない。親は、子育ては、親にしかできない」と締めくくられました。

交流サロンの様子をまとめました。
「150523_kosodate.pdf」をダウンロード(635KB)

|

« 認知症 腹を立てずに顔を立て みず・めし・うん・うん | トップページ | 梅雨入り前の肱川に かけ声が響きます »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/61757388

この記事へのトラックバック一覧です: 親は 子育ては 親にしかできない:

« 認知症 腹を立てずに顔を立て みず・めし・うん・うん | トップページ | 梅雨入り前の肱川に かけ声が響きます »