« 震災からの速やかな復興には人が必要 そのために備える | トップページ | コンパクト+ネットワーク 対流促進型国土の形成に向けて »

認め合い、誉めあい、許し合い それが夫婦の子育て

150809p1080169平成27年8月9日(日)、三木町文化交流プラザのメタホールで、公益社団法人三木町文化振興財団の主催、三木町、三木町教育委員会、高松市、さぬき市の後援で行われた「つるの剛士 子育てトークショー」に参加してきました。

三木町出身のフリーアナウンサーの筒井智子さんが聞き役をつとめ、軽快なやりとりであっという間の1時間でした。

参加者からの質問に答える形で進められ、最後は中島みゆきの「」を披露いただきました。

最初はクマゼミとアブラゼミの鳴き真似から始まり、「つかみはオッケイ」でした。

○「家事や育児を協力してくれそうな人をどうやって見つけたらいいでしょうか?」の問いには、

・「イクメン」 こんな言葉が出来たのが悪い。最初から子育てが出来る人はいません。ママとパパの二人で作り上げていくもの。互いにほめてあげよう、認め合おうと、・・・
・ママたち、パパを誉めてあげてください。男は誉めると調子に乗りますから。

育児休業についての質問では、

・「家庭がうまくいかなくて、仕事がうまくいくはずがない」と言われていたので、育休を取ることに。2ヶ月育休をとりました。
・毎日お弁当を作り、送り迎えをし。世の中のお母さんが、何が大変かわかりました。いつも、同じ時間に同じ大変なことが来る。時間に追われていて、自分のやりたいことが出来ない、パーマにも行けない、○○も出来ない・・・
・家に帰り、ママに気遣いが出来るようになった。「今日はどうだった? 何があった?」と。
・そういう夫婦の関係がとばされて、先にイクメン、料理が出来るパパ、おむつが替えられるパパと。だから僕は「イクメン」という言葉が嫌いです。
・奥さんのことを思えること、それが普通になり、「イクメン」の言葉が無くなればと思っている。

○「育児に心がけていることは」の問いには、

・子供たち4人は、4人4色、みんなキャラが違う。何かをやっているときの目の輝きがそれぞれ違う。そんな違いを親は見逃さずに、子どもが自分でやりたいと思ったときに背中を押してあげられる親に。

○「夫婦関係で気を付けていることは」の問いには、

・認め合い、誉めあい、許し合い。

最後は、「大変なこともあるし、幸せなこともあるし、肩の力を抜いて、子供は勝手に育っていくし。センスの良い夫婦で」と締めくくられました。

トークショーの様子をまとめました。
「150809_kosodate.pdf」をダウンロード(264KB)

|

« 震災からの速やかな復興には人が必要 そのために備える | トップページ | コンパクト+ネットワーク 対流促進型国土の形成に向けて »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/62051920

この記事へのトラックバック一覧です: 認め合い、誉めあい、許し合い それが夫婦の子育て:

« 震災からの速やかな復興には人が必要 そのために備える | トップページ | コンパクト+ネットワーク 対流促進型国土の形成に向けて »