« あなたに出来ることを今日から STOP地球温暖化 | トップページ | 性別にかわりなく、その個性と能力を発揮することが出来る社会 男女共同参画社会 »

価値を見いだし、保全の方策、四国4県の連携が大事

160214p1090818平成28年2月14日(日)、かがわ国際会議場で、「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会の主催で行われたシンポジウムに参加してきました。

タイトルは長く、

四国遍路」と「サンディアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」との協力協定締結記念
こころをつなげて、四国はひとつ 「四国遍路を世界遺産に
」国際シンポジウム

とつけられています。
プログラムは次のとおりです。

●主催者あいさつ 「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会 千葉昭会長(四国経済連合会会長)
●来賓あいさつ ゴンサロ・デ・ベニート(駐日スペイン特命全権大使)
        辻村修 香川県議会議長
        加藤弘樹 文化庁文化財部記念物課長
●基調講演 「世界文化遺産の考え方と巡礼路の顕著で普遍的な価値」 西村幸夫 東京大学先端科学技術研究センター所長
●パネルディスカッション「四国遍路の魅力と世界遺産」            
 コーディネーター 稲葉信子 筑波大学教授 遺産保護、ユネスコ委員
 パネリスト 西村幸夫 東京大学先端科学技術研究センター所長
       フランシスコ・シングル スペイン・ガレリア州シャコベオ文化部長 美術史
       清水真一 徳島文理大学教授 日本建築史、文化財保存学
       辻林浩 和歌山県世界遺産センター所長 日本考古学、和歌山県世界遺産登録推進室長もつとめる
       胡光(えびすひかる) 愛媛大学教授 日本近世史
●閉会あいさつ 「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会 浜田恵三副会長(香川県知事

西村さんの基調講演では、文化・宝が戦争のターゲットとなったり、ダムなどの大事業により文化財が無くなってしまうのを、世界で守ろうとのことから「世界遺産」の発想につながった、そんなお話を聞くことが出来ました。

パネルディスカッションでは、

・ニューヨークタイムズ 世界で訪れたい52箇所に四国辺路が選ばれた
・周遊型の巡礼、何度もまわり、庶民のために作り、庶民がまわれるように四国の人たちのお接待が大事。
・修行、巡礼の姿は今も生きていることが特徴。
・四国辺路はまさに四国の文化であり、その地の景観、自然、風習が価値を生む。

といった、四国遍路の特徴を確認しつつ、世界遺産登録へ向け、

・四国遍路は何を価値として打ち出していくか。
・これから、どうやって指定された資産を守っていけるか。
・お接待そのものは珍しいことではないが、根強く今日まで続いていることを落としたくない。しかし、お接待は示しにくい。

など、課題も見え、コーディネーターの稲葉さんは「本物に基づいた調査をしっかりと行い、一つのストーリーにする。両輪 価値を見つけること 保全の措置をとるということ。4県が連携がとれていることが大事だと思う」と締めくくられました。

最後は、「世界遺産登録へ向け、四国全体でなおいっそう盛り上げていくことが重要。四国一帯となった取り組みを進めていくのでご協力を」と、浜田香川県知事の閉会あいさつで終わりました。

シンポジウムの様子をまとめました。
「160214_henro.pdf」をダウンロード(270KB)

|

« あなたに出来ることを今日から STOP地球温暖化 | トップページ | 性別にかわりなく、その個性と能力を発揮することが出来る社会 男女共同参画社会 »

勉強」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/63347461

この記事へのトラックバック一覧です: 価値を見いだし、保全の方策、四国4県の連携が大事:

« あなたに出来ることを今日から STOP地球温暖化 | トップページ | 性別にかわりなく、その個性と能力を発揮することが出来る社会 男女共同参画社会 »