« 超精巧です クール宅急便 | トップページ | 出来る人が、出来ることを、出来る時にすればいい »

自身と家族のためにできることは まず禁煙!

160626_seminar平成28年6月26日(日)、レッツホール(高松丸亀町壱番街東館4階)で開かれた「香川大学サテライトセミナー 第15回イキイキさぬき健康塾」に参加してきました。

今回のテーマは「肺がんはここまで治る 手術で出来ること」で、香川大学医学部付属病院 呼吸器外来の呉哲彦さんが講師です。

肺がんについて、

 ・2000年、それまで1位だった胃がんを抜き、肺がんが死亡者数一番に。
 ・肺癌の治療成績(5年生存率)は早期のⅠ期だと7~8割以上。
 ・80歳とか高齢の方の手術も胸腔鏡手術なども使いながら、普通に行うようになってきました。
 ・肺癌は自覚症状の出にくい病気なので、早期発見の為の定期検診が大事。かかりつけ医に画像診断、CTを撮るなど早期発見の努力を。

といった話がありました。また、肺がんを防ぐにはと題して、

 ・肺がんの最大の原因は喫煙。
 ・喫煙と肺がんの関係では、喫煙しない人に比べて
男性では4.5倍 女性は4.2倍、肺癌になりやすい。
 ・たばこを吸うと血流が悪くなり、
1本のたばこで脳内血流が4割減少
 ・一酸化炭素:酸素の260倍ヘモグロビンにくっつきやすいので、ヘモグロビンは酸素を運べなくなる。半減期は8時間。 → たばこを吸っていると、一日中酸素が足らない状態になる。
 ・副流煙の方が20~130倍有害物質が多く含まれる。妻の脳卒中、肺癌などへの影響、子供なら喘息への影響。
 ・ニコチンは3日で体からなくなる。 → ニコチンの離脱症状
 ・ニコチンのせいで瞬時にドーパミンが出て気持ちよくなる。 → 30分~1時間でドーパミンが不足する。 → またタバコを吸いたくなる。
 ・ドーパミンを出しやすいニコチンに頼るようになる。

さらには禁煙のためには、

 ・自分の記憶からたばこをなくすことが大事。
 ・禁煙パイポ、電子タバコ、ネオシーダーなどは、喫煙の動作を伴うので、禁煙に役立ちません!
 ・たばこの本数を減らしても、すぐに増えてしまうおそれがあるので、
完全禁煙からスタートさせるのがよい。

とのこと。

最後は「自身と家族のためにできることは:まず禁煙!」と締めくくられました。

セミナーの様子をまとめました。
「160626_haigan.pdf」をダウンロード(310KB)

|

« 超精巧です クール宅急便 | トップページ | 出来る人が、出来ることを、出来る時にすればいい »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/63855471

この記事へのトラックバック一覧です: 自身と家族のためにできることは まず禁煙!:

« 超精巧です クール宅急便 | トップページ | 出来る人が、出来ることを、出来る時にすればいい »