« なぜこれをするのか 誰のためにするのか 三方良しの公共事業 | トップページ | 超精巧です クール宅急便 »

アドラー心理学 勇気づけ勉強の一日

160619p1100628NHKカルチャーの一日講座、「アドラー心理学 ELM勇気づけ勉強会」で約7時間、勉強の一日でした。

本屋さんで「アドラー」の文字が入った本がたくさん並んでいたのには気づいていましたが、NHKカルチャーのチラシに「アドラー心理学」の文字を見つけ、開催日の前日でしたが早々電話で問い合わせ、まだ申し込めるとのことで参加することに。

今日の勉強会に先生はいません。共にワークをして“気づきあって”もらいます。」「教えられることと違って、自分で気づいたことは心にストンと落ちます」との山田響子先生の話から、勉強会は始まりました。

共感と同調の違い」「主張的か非主張的を自己分析」「Youメッセージと私メッセージ」「性格とライフ・スタイル」「全ての行動には“ポジティブ”な”目的”がある」「劣等感とは」など、12章にわたり体験し、振り返ります。

最後は、「今日勉強したことを勇気づける”技術”としてだけ使うのではなく、相手と対等、信頼できる関係になろうとする”態度”から始めて下さい。信頼と信用は違います」と締めくくられました。

たくさんの貴重な”気づき”の一日でした。

|

« なぜこれをするのか 誰のためにするのか 三方良しの公共事業 | トップページ | 超精巧です クール宅急便 »

勉強」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/63825197

この記事へのトラックバック一覧です: アドラー心理学 勇気づけ勉強の一日:

« なぜこれをするのか 誰のためにするのか 三方良しの公共事業 | トップページ | 超精巧です クール宅急便 »