« 愛情があり 思いを込めすぎて虐待に | トップページ | 自分から情報を取りに行くことに心がけて チャイナ・ルール »

船だから楽しめる、船だから実現できる時間の過ごし方があります

160709_平成28年7月9日(土)、かがわ国際会議場で香川県の主催により開かれた「第3回 クルーズセミナー in 高松」に参加してきました。

プログラムは次のとおり、3人の方から、クルーズの楽しさ、楽しみ方が紹介され、最後は高松港に寄港する3隻のクルーズ船の船内見学できる抽選会が行われました。

講演① 高松港から乗船できるクルーズ旅行
   香川県交流推進部交流推進課 課長 寺島賢治
講演② 初めての方でも楽しめるクルーズ旅行
   株式会社PTS クルーズ・マスター 松住健一郎
講演③ 身近な外国船のクルーズ旅行
   マーキュリートラベル株式会社 代表 青山真明

寺島さんからは、クルーズ旅行の魅力として、

・日常を離れ開放感のある世界を体験できる
・時間も心もゆとりのある旅行ができる → 船に乗ると時間が止まったようなゆとりの空間
・移動費、宿泊費、食費、娯楽費込みの金額 → トータルで比べれば陸路に負けない満足度
・寄港地で歓迎され、一期一会の旅となる
・寝ている間に寄港地がやってくる → 重たい荷物を持って昼間に移動する必要が無く、乗り換えも不要、体への負担も小さい

といった紹介がありました。

松住さんからは、クルーズのアレンジの仕方や楽しみ方として、

・3つの選びでとことんアレンジ:行き先選び、客船選び、客室選び
・●●めぐりで”比べる”楽しみ:港めぐり、島めぐり、食めぐり
・●●との出会い:乗客との出会い、乗員との出会い、趣味との出会い
・クルーズスタイルで人生を豊かに

との紹介で、「船上でお会いしましょう」と締めくくられました。

青山さんからは、

・日本船と外国船の違い
・外国船 BIG SHIP と SMALL SHIP の違い
・高松港から乗船できる外国船

についてのお話があり、「瀬戸内海は航行制限があるので、大型船は入ってこられない。大型船よりも小型船はクオリティの高い、良い船。高松港にはクオリティの高い船が寄港する」「美食のフランス船で、日本を再発見する船旅へお出かけください」と締めくくられました。

船だから楽しめる、船だから実現できる時間の過ごし方があります。そんなことを感じさせてくれるセミナーでした。

セミナーの様子をまとめました。
「160709_cruise.pdf」をダウンロード(213KB)

|

« 愛情があり 思いを込めすぎて虐待に | トップページ | 自分から情報を取りに行くことに心がけて チャイナ・ルール »

勉強」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/63912018

この記事へのトラックバック一覧です: 船だから楽しめる、船だから実現できる時間の過ごし方があります:

« 愛情があり 思いを込めすぎて虐待に | トップページ | 自分から情報を取りに行くことに心がけて チャイナ・ルール »