« 心構え一つで 次の時代は天国になれたら幸せです | トップページ | 「安心・安全」は、目に見えないもう一つの「おもてなし」 »

経営戦略としての女性活躍 ~多様な人材の活躍できる働き方へ~

160829_w22ize160715105914_f01__1平成28年8月29日(日)、かがわ国際会議場で香川県の主催で行われた「かがわ働く女性活躍推進講演会」に参加してきました。

女性活躍推進法の概要説明、事例発表、小室淑恵さんの講演で、タイトルは「経営戦略としての女性活躍 ~多様な人材の活躍できる働き方へ~」とされています。

プログラムは次のとおりです。

○女性活躍推進法の概要説明
 香川労働局 雇用環境・均等室長 室谷留実

○企業事例発表①「女性が活躍できる職場環境づくりについて
 株式会社安岐水産 専務取締役 安岐麗子

○企業事例発表②「安心して働ける職場環境改善と充実 ~ワーク・ライフ・バランス~
 社会福祉法人喜勝会 総務リーダー 駒井眞理子

○講演「経営戦略としての女性活躍 ~多様な人材の活躍出来る働き方へ~
 株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長 小室淑恵

小室さんの講演では、

・「全員残業中止にしよう」と提案 → しかし社員からは、「残業しても早く成長したい」、「成長のチャンスを奪わないでください」と。
・言い方を変えた 「8時間を超えると、1.25倍の賃金を払うペナルティが企業に与えられる。8時間の中で成果を上げることが、あなたの仕事。それが出来ないのは何が問題なの」
・3ヶ月言い続けたら、原因が分かった・・・
 ・さっと答えられる知識がないので、手こずっていた。
 ・先輩なら1時間で出来るのに、スキルがないので僕は時間がかかった。
 ・残業して、自分のスキルを上げないまま、毎日を残業で摩滅していてはいけない。
 ・勉強したくなりました!
・6割の職員は育児や介護 → 朝の時間を活用し、資格取得やスポーツをしている → デイリーでこなす
・起業当時に比べ、今は4倍の人間で、40倍の業績を上げている → このことの最大の理由は、社員が成長する仕組みに入った。

と、残業して疲れ切り、スキルを上げる余裕がないことから、翌日も非効率な仕事の展開で、負のスパイラルに入っている会社が多いこと、そこから抜け出すヒントをたくさん紹介いただきました。

また、

・ワーク・ファミリーバランスとワーク・ライフバランス
・人口ボーナス期、人口オーナス期
・少子化の誤った分析と対策。「女性の社会進出が進むと、子どもが減る」といった誤解。

など、世の中の誤解や、人口ピラミッドの変化に対応できる社会システムの構築が必要で、「今は70代の人口が戦争のため一番少ない状態。2017年に団塊の世代が70代に突入する。育児と介護の時期は重ならないものが、団塊ジュニアは、育児と介護が重なる。待機児童が2万5千人なのに、介護の待ちは52万人。しかも介護は10年続く。女性が子供を産むのは43歳がリミット、団塊ジュニアの年齢から見るとあと2年がリミット」と、日本は待ったなしの崖っぷちに来ていることを強調されました。

ライフが充実すれば、人脈・アイディア・スキルが得られて、結果的にワークの質と効率が高まる。ワーク・ライフバランスに積極的に取り組み、勝てる組織と充実した人生を作っていきましょう。定年後の30年の評価をするのは会社ではなく家族です。

そんな言葉で締めくくられました。

今までのシステムでは対応できない状況にあることに気づき、行動することが必要です。
日本が茹でカエルになってはいけませんから。

講演会の様子をまとめました。
「160829_jyosei.pdf」をダウンロード(675KB)

|

« 心構え一つで 次の時代は天国になれたら幸せです | トップページ | 「安心・安全」は、目に見えないもう一つの「おもてなし」 »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/64213384

この記事へのトラックバック一覧です: 経営戦略としての女性活躍 ~多様な人材の活躍できる働き方へ~:

« 心構え一つで 次の時代は天国になれたら幸せです | トップページ | 「安心・安全」は、目に見えないもう一つの「おもてなし」 »