« 今の時代 リノベーションで「まちづかい」 | トップページ | 怒って後悔する、怒らなくて後悔する そうならないために »

いのちは暖かい 今を大切に生きて

160922_inotisakasetai__1平成28年9月22日(木・祝)、瓦町FLAG8階で高松市市民活動センターの主催で行われた「活動紹介講座Ⅱ」に参加してきました。

30年以上助産師として活躍し、「その人らしさ」を基本理念とする命の応援者として、出産・子育て支援・高齢者支援の三本柱として「いのちの応援舎」を開所。出産から高齢者までの命を応援する活動とともに、「いのち」について全国で講演を行っている山本文子さんが講師です。

演題は「いのち咲かせたい」。

山本さんの生いたちを紹介しながら、いのちの現場での経験など、

・父親の死をきっかけに看護師を目指し、産声をあげ産まれてくる赤ちゃんを見て助産師が私の仕事だ。
・子どもたちは、夏休み明けにツケがまわってくる。人工妊娠中絶、性病。なんとかしたいのに、性教育がスタートしない、学校は動いてくれない。性教育が必要だ。

といった話や、性教育の講演を始め、

・「性教育ってなぁに」と聞く。「今日はSEXの話が聞ける」 なぜ笑うの、なぜ下を向くの。
・あなたたちが生まれたのは、ご両親のSEXがあったからだよ。
・性教育はSEXの教育ではない、性は生きる話である。
・愛するとは、相手を思うこと、相手を大事にすること。

160922p1110470また、親の離婚や虐待を受けてきた子どもたちに対して、

・父さんが母さんを愛したから、君がいるんだよ
・親にもいろいろなことが起きる。が、「この世に一人も要らない命はない」。
・今を大切に生きろ。

など、こどもたちに命の大切さを伝えることが私の最後の仕事だ。

助産師としてお母さんたちに言いたい3つのこととして、

①赤ちゃんにおっぱいをあげている写真を撮っておいてください。
②母子手帳をきちっと記入してください。親子をつなぐ大切なもの。
③子供は抱きしめて

と。

命は暖かい、死んだら冷たくなる。死んだら二度と帰らない。
愛し合った二人にとって、性、SEXは自分が生きていることを実感できる素晴らしいことです。今を大切に生きてください。

そんなメッセージで締めくくられました。

講演会の様子をまとめました。
「160922_inochi.pdf」をダウンロード(459KB)

|

« 今の時代 リノベーションで「まちづかい」 | トップページ | 怒って後悔する、怒らなくて後悔する そうならないために »

勉強」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/64246970

この記事へのトラックバック一覧です: いのちは暖かい 今を大切に生きて:

« 今の時代 リノベーションで「まちづかい」 | トップページ | 怒って後悔する、怒らなくて後悔する そうならないために »