« いのちは暖かい 今を大切に生きて | トップページ | 経営者の能力と共に、熱意と人間性が大切です »

怒って後悔する、怒らなくて後悔する そうならないために

161001p1110310髙松駅の3階にあるNHK文化センターの、「社会人が身につけたいアンガーマネージメント研修」に参加してきました。

講座案内には、

近年テレビや雑誌で話題の「アンガーマネージメント(怒りと上手に付き合う心理技術)」を学び、「イライラ」や「怒り」から解放された穏やかな毎日を過ごしませんか?

とあります。

講師は、日本アンガーマネージメント協会ファシリテーターの谷川由紀さんで、以前、NHK文化センターの勉強会で、受講生としてご一緒させていただいた方です。

1時間半で行う内容を、1ヶ月おきに2時間を3回、合計6時間かけることで、単なる知識ではなく、習慣化させようとするものです。

というのは、「怒り」は性格ではなく感情の癖である。なので、自分の癖に気づくことで、直すことが出来るからです。

研修では、

・なぜ怒りやすい人が増えているのか
・アンガーマネージメントとは怒らないようになることではなく、怒る必要のあるときには上手に怒れ、怒る必要の無いことには怒らないようになること
・怒りとは何か、なぜ怒るのか

などの説明があり、最近怒ったことについて、怒りの点数をつけ、客観視することを体験しました。

ムカつく」、「腹が立つ」など、怒りの語彙は、英語では500語ほど。これに対して日本語には約4千語有るそうです。それほど、日本人は怒りを細かく区分、意識しているんですねぇ。

これほど表現力のある日本語の怒りの語彙を使いこなせれば、上手に怒ることにもつながります。

次回まで、アンガーログ(イラッとメモ)をつけるよう、宿題を言い渡されて第1回は終わりました。

怒って後悔する、怒らなくて後悔する、そんな後悔をしないよう、上手に怒るのがアンガーマネージメントです

|

« いのちは暖かい 今を大切に生きて | トップページ | 経営者の能力と共に、熱意と人間性が大切です »

勉強」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/64313483

この記事へのトラックバック一覧です: 怒って後悔する、怒らなくて後悔する そうならないために:

« いのちは暖かい 今を大切に生きて | トップページ | 経営者の能力と共に、熱意と人間性が大切です »