« 防災教育の原点は自尊感情 命の大切さをわかること | トップページ | ライスワークとライフワーク 本業で得られる経験がある »

3Dプリンタで みんなに優しい世の中に

161224_dfes_01平成28年12月24日(土)、たかまつミライエで高松市健康福祉局こども未来部こども未来館の主催で行われた「中学生のための3Dデジタルものづくりハローワークセミナー」に参加してきました。

3Dプリンタが世にひろく出まわり始め、3Dデジタルによる物づくりにはどのような仕事があるのかを知ってもらい、将来の選択肢に含めてもらい、これらの技術を活用してもらおうとの取組です。

12月23日から26日までの取組で、25日には、福祉分野での取組のセミナーが行われました。プログラムは次のとおりです。

○「はじめての3Dプリンタ」入門編
  カガワ3Dプリンタfunコミュニティ 事務局 三野晃一

○福祉分野での3Dデジタルものづくり ~3Dプリンタで障害者による障害者のための不便改善グッズ制作~
  西村健一 香川県立髙松養護学校 臨床発達心理士

161224p1120383三野さんからは、

・熱溶解積層法:5~6年前に特許が切れたことで、様々なプリンタが世に出まわってきた。
・モデリング データをネットに公表し、販売する。
・世界中のクライアントが製作会社にそのデータで製造を発注するので、デザイナーはPL法の適応を受けない。

などの説明ののち、3Dプリンタ業界の「仕事・職種」は、「データを作る」「3Dプリンタ」「素材、出力材料」「3D出力サービス」など、様々な役割があると締めくくられました。

 

香川県立髙松養護学校で臨床発達心理士でもある西村さんからは、

・養護学校では、「出来ないこと」、「苦手なこと」を丁寧に支援し、カバーする方法を教えています。
・日本は高齢化社会になる。加齢により困難をかかえる人も増える。脳卒中、老眼、骨折・・・
・支援グッズの必要性が高まる。自分でやりたいのに出来ないので、それを行えるようなグッズが必要になる。
・自分の残っている力を使って、自分でやりたい。
・「自分で出来る」状況が、3Dプリンタで実現できる。

など、具体的な事例をあげながら説明いただき、「支援グッズを使って、みんなに優しい世の中に!」と締めくくられました。

161224p1120390セミナー終了後も、いろいろなお話を聞かせていただき、3Dプリンタです。コップなどを製造すると水漏れを起こすことや、熱溶融性樹脂ゆえに軽いことが、身体の不自由な人にとっては反力を取りにくく使いにくいなど、使っているからこそお話しいただけることも聞かせていただきました。

また、一人で漁師や木こりをして暮らしていれば、アスペルガーや知的障害といわれることも、その人の暮らしに支障が無ければ「障がい」ではない。
「障がい」と聞くと、普通の人より劣っていると思われがちだが、聞く能力、見る能力、こだわる能力、正確に繰り返せる能力など、普通と思っている人よりも優れている面がある。

そんなことも気づかせていただきました。

セミナーの様子をまとめました。
「161224_3d.pdf」をダウンロード(234KB)

|

« 防災教育の原点は自尊感情 命の大切さをわかること | トップページ | ライスワークとライフワーク 本業で得られる経験がある »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/64690878

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンタで みんなに優しい世の中に:

« 防災教育の原点は自尊感情 命の大切さをわかること | トップページ | ライスワークとライフワーク 本業で得られる経験がある »