« シビックプライド 自己肯定感のもとに誇りとデザイン | トップページ | 3Dプリンタで みんなに優しい世の中に »

防災教育の原点は自尊感情 命の大切さをわかること

161223_bousai平成28年12月23日(金・祝)、サンポート高松 第2小ホールで四国遍路の心でつなぐ防災教育研究会の主催で行われた「四国遍路の心でつなぐ防災教育研究会 公開シンポジウム」に参加してきました。

四国遍路へのおもてなしなど、郷土に根付く「共助」の精神文化から防災を考えていこうとするもので、「ぼうさいフェスタ in 志度寺」に続く2回目の取組です。

香川には大きな災害がこないと思われているのは間違い。子どもたちと大人たちが楽しく学べる仕組みづくりを構築しようとしている。香川大学の先生からは知恵、青年会議所からは行動力と知恵、技術士会からは生活経験、専門性のある経験からのお話をいただく。

そんな研究会事務局の花崎哲司さんの趣旨説明に続き、「基調講演」「特別座談会」「災害伝言ダイヤルメッセージ171コンテスト」「こども防災マスター認定式」へと続きます。

 

161223p1120365m香川大学 危機管理先端教育研究センター 副センター長 特命教授 岩原廣彦さんの基調講演「南海トラフ巨大地震に備える香川の防災教育の現状と課題」では、

・防災教育を実践する上での五箇条
・防災意識を広げるには、当事者意識を持つ(他人ごとではない)、自分で考えることが大事。責任感を植え付ける。
・知識だけの教育に偏っていないか。 → 知識は忘れる。意識とすることが大切。

といったお話があり、「防災教育の原点は自尊感情を育むこと、人の命の大切さをわかり、お互い様の気持ち、人と人の繋がりの大切さを知ること」と締めくくられました。

 

特別座談会「香川の未来型防災教育展望」 ~学校教育で成し得なかった課題解決のために~ は、香川大学 生涯学習教育研究センター長 清國祐二さんの座長のもとに、

・楽しく学ぶ防災ゲーム
・パニックを起こさないように「指揮」、正確に指示を出すことの大事さ。
・リーダーとなるような資質と能力を事前に涵養していないと難しい。
・「知って・考えて・行動する」ことで、初めて家族を守れる。
・知識よりも意識。さらに、知識を行動するものにして知恵に。

岩原さんからは「知識だけではだめ、行動に移せるような防災教育」、松尾さんからは「知力、体力、時の運(危ないところにいかないとか)」 これを実践できる人になってほしい」と締めくくられました。

命の大切さをわかり、知り、考え、行動することが、災害から生き残るためには必要です。

公開シンポジウムの様子をまとめました。
「161223_bousai.pdf」をダウンロード(394KB)

|

« シビックプライド 自己肯定感のもとに誇りとデザイン | トップページ | 3Dプリンタで みんなに優しい世の中に »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/64672633

この記事へのトラックバック一覧です: 防災教育の原点は自尊感情 命の大切さをわかること:

« シビックプライド 自己肯定感のもとに誇りとデザイン | トップページ | 3Dプリンタで みんなに優しい世の中に »