« 私はマララ 教育こそがただ一つの解決策 | トップページ | 髪の毛の太さほどのカテーテルで命を救います »

人を磨くのは人 人は人で磨かれる

170423p1120991平成29年4月23日(日)、一般社団法人 日本パーソナルブランド教会の主催により、高松商工会議所で開催されたセミナー講師の甲子園、「第7回セミナーコンテスト高松」に参加してきました。

自分体験をもとに、オリジナルのセミナーを作って発表し合うコンテストです。
セミナーコンテストの開催主旨は、「人と社会を輝かすセミナー講師の輩出」です。
発表時間は10分間、あと一言で終わるセミナーでも、時間がくればそこで修了。

6名の出場者が発表し、会場の聴取者全員が10項目の視点から採点します。

①独創性:その講師ならではか。
②対象者になりきる
③話しの組み立て:簡潔でわかりやすいか。
④ノウハウ:悩みのある受講生に、具体的な解決方法を提案でき、やってみようと思えるか。
⑤ビジュアル:スライドの伝える工夫、文字、色、スライドの使い方。
⑥好感度:感じの良い話し方か。
⑦論理性:なるほどと思える根拠が述べられているか。
⑧メッセージ力:心をふるわせるメッセージがあるか。
⑨具体例、エピソード:集中して聞ける面白さ、具体的なエピソードが適切で面白いか。
⑩発声:間、抑揚、声の出し方

発表後には3名のコメンテーターからのコメントです。

一般社団法人日本パーソナルブランド協会代表理事の立石剛さんは、人と社会を輝かす人、今後活躍する上で何が大切か、プロの視点でコメント。

同じくパーソナルブランド協会理事の座光寺百合子さんは、人前での話し方、表情、見せ方、印象の視点からコメント。

上勝町など地域再生のプロデューサーであり、一般社団法人ソシオデザイン代表の大西正泰さんは、話し方の「仕組」について、「構造」についての視点からコメント。

6人の発表者の内容はもちろんのこと、これら3人の方型のコメントが勉強になります。

自己紹介が大事:プロフィールだけで講師を選ばれる。仕事が来るかどうかは自己紹介が8割である。選ばれるプロセス、誰が語るのかのエピソードが大切。
戦略:出来事からゴールへと伝えるか。受講する対象者を変える戦略も。受講生が自分のことだと思える事例、ノウハウを入れる。
オリジナリティー:従来のノウハウが出尽くしているので、これらのノウハウを組み合わせて、新たな提案を。
盛り込みすぎない:聞き手に伝えるには、「足し算」ではなく「引き算」をして。
・「
説得」と「納得」:納得できれば腹におさまる、心が動く、共感する。
再現性:受講生が出来る、やれる、やろうとする行動につながらないと、再現性がないといけない。
・「
ブランド」とは「約束」:あなたは何を約束する人ですか。

「第二の人生の見つけ方」「笑顔相続」「頭痛から救う方法」「短歌で伝えるコミュニケーション」「ワーキングマザーの時間の使い方」「滞納者が笑顔で税金を払う」と、様々な立場、経験、内容のスピーチは、工夫とノウハウの塊です。

人に伝えるのは難しいこと、人に伝えることは楽しいこと。人を磨くのは人、人は人で磨かれる。

そんな気持ちになれた3時間でした。

懇親会は残念ながら、マイカーのトラブルにより欠席することに・・・

|

« 私はマララ 教育こそがただ一つの解決策 | トップページ | 髪の毛の太さほどのカテーテルで命を救います »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/65213993

この記事へのトラックバック一覧です: 人を磨くのは人 人は人で磨かれる:

« 私はマララ 教育こそがただ一つの解決策 | トップページ | 髪の毛の太さほどのカテーテルで命を救います »