« 一日30品目 薄味とプラス一皿の野菜で生活習慣病を予防 | トップページ | 起きるものとして備えておく それが海外渡航の危機管理 »

排泄は子どもにとっても尊厳である 学校のトイレについて考える

170725p1130559平成29年7月25日(火)、学校のトイレ研究会による「災害時にも配慮した水まわり講演会」in 四国 に参加してきました。

副題は「学校トイレを明るくきれいに! 災害時に備えよう」とされ、学校のトイレの現状や課題、災害時に避難所となる学校のトイレだからこそ考慮すべきことを、アンケートや事例とともに紹介いただきました。

プログラムは次のとおりです。

第1部「今、緊急に学校トイレに求められること ~災害対策と老朽化対策~」
  学校のトイレ研究会 事務局長 川村浩

第2部「適切な学校トイレつくりとは」
  学校のトイレ研究会 研究員 井上

第3部「子どもたちを育む学校トイレを目指して
  学校のトイレ研究会 主任研究員 くめ

第4部「トイレ施設見学」

講演会では、

◇学校のトイレについて
・アンケートより「トイレのどんなところが嫌い?」 臭い、汚い、暗い、怖い、古い(壊れている) ← 5K
・湿式清掃の床は 感染症の温床 → トイレの床掃除は乾式で出来る構造に
・和式便器が大腸菌を床に広げ、スリッパがそれをトイレ外に持ち出す → 衛生面からも洋式化を

◇地震時には
・仮設トイレ:凍てつく寒さの中、余震の続く中、雨に濡れながら屋外の仮設トイレを使う人はいなかった。
・アンケート「困ったことは」 トイレ1位、シャワー2位
・飲料水や食料は届く。一番に考えなくてはならないのはトイレ。
・衛生環境の悪化は生命に関わる。
・和式トイレは,高齢者など使ってもらえなかった、使えなかった。既設トイレの洋式化、節水型への置き換えが必要。

など、避難所トイレの実態や衛生面からの科学的なお話を聞けました。

学校でトイレ(大便)に行くとからかわれるので、トイレに行くことを我慢して体調を崩す子、トイレに行かなくていいように朝食を抜き元気を無くしている子、トイレが汚いのでトイレに行くのを我慢して体調を崩す子。

排泄は子どもにとっても尊厳である」と、講演は締めくくられました。

トイレの洋式化、衛生面から湿式で清掃が可能な構造、災害時に「個室」を確保できる多目的トイレの意義、多くの種類の洗剤が避難所に届けられ「混ぜるな危険」を管理することが難しい、ネットに入れた石鹸をみんなで使うことが感染源。

目から鱗の2時間でした。

食べることに比べ、出すこと(排便)を我慢することは、そく体調に影響します。
排泄にも想像力をたくましくし、備えましょう。

講演会の様子をまとめました。
「170725_toire.pdf」をダウンロード(230KB)

|

« 一日30品目 薄味とプラス一皿の野菜で生活習慣病を予防 | トップページ | 起きるものとして備えておく それが海外渡航の危機管理 »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/65678625

この記事へのトラックバック一覧です: 排泄は子どもにとっても尊厳である 学校のトイレについて考える:

« 一日30品目 薄味とプラス一皿の野菜で生活習慣病を予防 | トップページ | 起きるものとして備えておく それが海外渡航の危機管理 »