« 徹底的な訓練と計画の応用で 想定外を想定にする! | トップページ | 排泄は子どもにとっても尊厳である 学校のトイレについて考える »

一日30品目 薄味とプラス一皿の野菜で生活習慣病を予防

H290723_seminar平成29年7月23日(日)、レッツホール(高松丸亀町壱番街東館4階)で行われた、香川大学サテライトセミナー 第27回イキイキさぬき健康塾に参加してきました。

今日のテーマは「生活習慣病の食事の摂り方の工夫」で、講師は香川大学医学部付属病院 臨床栄養部 早川幸子さんです。

セミナーでは、

・全国平均と比較すると、香川県の男性は肥満傾向で、野菜摂取が少なく、減塩は優秀。男性はよく歩くが、女性はあまり歩かない。
・昔は「加齢」が原因と考えていたので「成人病」と呼んでいましたが、「生活習慣病」と呼び方が変わりました。
・一日30品目を目標にバランスの良い食事内容を。

などとともに、食事の摂り方で心がけるべきこと、エネルギー摂取量の目安を知り、手ばかりで食べ物の量を量ること、減塩の方法などについてお話しいただきました。

野菜をとろう プラス一皿 一日野菜350g以上、8月4日は「栄養の日」と締めくくられました。

次回は9月10日、脳腫瘍治療についてです。

セミナーの様子をまとめました。
「170723_seminar.pdf」をダウンロード(523KB)

|

« 徹底的な訓練と計画の応用で 想定外を想定にする! | トップページ | 排泄は子どもにとっても尊厳である 学校のトイレについて考える »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/65678718

この記事へのトラックバック一覧です: 一日30品目 薄味とプラス一皿の野菜で生活習慣病を予防:

« 徹底的な訓練と計画の応用で 想定外を想定にする! | トップページ | 排泄は子どもにとっても尊厳である 学校のトイレについて考える »