« 現場で出来ることを考え即実行する現場力 それは計画と訓練から | トップページ | 外国人宿泊者数の伸び率全国一 これをどう活かす!? »

トイレの問題は排泄だけでなく 廃棄するまでの処理が終わるまでの問題

170914p1130886平成29年9月14日(木)、徳島大学工業会館で徳島大学の主催で行われた「第3回BCP研究部会」に参加してきました。

前半はエクセルシアの足立さんから「より実践的な災害用トイレの活用方法」と題した講演と、後半は「災害対策本部の組織体制」についてワークショップです。

汲み取りが不要で、薬剤処理で済む、電気も不要で、ほとんど水を使わない防災トイレを作っているエクセルシアの足立さんからは、

・地震が起きたら、高層の建物では、配管の検査をしてからトイレの使用を。
・津波が起きると、標高の低いところにある下水処理場が被災。
・トイレ復旧までには数ヶ月を要する。
・ゴミ収集は、何ヶ月も回復しない。地震がれきのゴミが発生し、以前の状態に戻るのは数ヶ月かかる。

など、トイレの復旧には長期間を要すること、トイレの問題は排泄だけでなく、廃棄するまでの処理が終わるまでの問題であることの話がありました。

また、災害用トイレとして「携帯トイレ」「簡易トイレ」「仮設トイレ」「マンホールトイレ」の説明があり、

・携帯トイレ、仮説トイレはすぐに使えるが、トイレが復旧するまでの長い期間使い続けられるだけの備蓄は難しい。
・まずは3日分の備蓄を。
・被災地は、多くの仮設トイレが届いてもバキュームカーが不足し、使い続けられない。

170914p1130887そのような被災時の状況に対応できるモノとして、錠剤タイプの携帯トイレ「ほっ!トイレタブレット」の実演と説明がありました。

想像してください

・トイレで排泄物に錠剤をかけようとすると、排泄物を見なければいけない、水に浸かっていないので臭いも出ている、そんな状態での作業が必要。
・錠剤をかけるには、トイレットペーパーを取り除いておかないと排泄物にかけられない。

実際の排泄時の使い方、使われ方、ゴミ収集が始まるまでの長期間、糞便袋を保管しておかなければいけないことを想像すると、携帯トイレにどのような機能が必要になるかが見えてきます。

170914p1130888質疑では、

・仮設トイレの課題、その課題を考えると断水している屋内の洋式トイレを活用する方がいい。
・備蓄率を上げるには、日常で使う物に近づける。ドライブや登山時の携帯トイレとして使うなど。
・1日あたりの排泄回数を大小合わせて5~7回で想定。3日分なら15~20回程度。

と、3日分の備蓄として、一人20回分の携帯トイレの備蓄が必要なことが示されました。

トイレの問題は排泄だけでなく、廃棄するまでの処理が終わるまでの問題です。

BCP研究部会の様子をまとめました。
「170914_bcp.pdf」をダウンロード(250KB)

|

« 現場で出来ることを考え即実行する現場力 それは計画と訓練から | トップページ | 外国人宿泊者数の伸び率全国一 これをどう活かす!? »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/65804093

この記事へのトラックバック一覧です: トイレの問題は排泄だけでなく 廃棄するまでの処理が終わるまでの問題:

« 現場で出来ることを考え即実行する現場力 それは計画と訓練から | トップページ | 外国人宿泊者数の伸び率全国一 これをどう活かす!? »