« 木造住宅の適正な施工と保守で地震に備え | トップページ | 四国に住む私たちは自分事として学び 備えなければなりません »

成功の鍵 愛 人 相手を思いやること

180127p1140790平成30年1月27日(土)、香川大学幸町南キャンパス 又信記念館1階 特別講義室で香川大学大学院地域マネジメント研究科の主催で行われた「メディア・コンテンツ活用人材教育プログラム第2回」に参加してきました。

今回のテーマは「アニメと地域資源のコラボが拓く地域活性化のフロンティア! ~アニメツーリズムの可能性と「聖地酒」の国際的パワー~」で、アニメツーリズムの可能性、アニメと日本酒のコラボについて、二人から話題提供とパネルディスカッションです。

アニメツーリズムの可能性」と題してアニメツーリズム協会 事務局長の寺谷圭生さんからは、

・訪日外国人の4.8%の人が、映画アニメのゆかりの地を訪問。
・73%の方が、アニメ聖地に関心あり。
・アニメ聖地が目的であっても、観光そのものを楽しんでいる。アニメ聖地巡りよりも観光を楽しんでいる。
・「地域」「知的財産・著作権」「起業」の3者が密接に連携し、ファンが喜ぶ目線が必要。
・アニメツーリズムが、地域の良さの再発見に!

など、アニメを見に来て、日本を知り、日本を好きに、日本の他の魅力を体験することに繋がっているといった話がありました。

地域マネジメント研究科の修了生であり、合同会社福成代表社員・日本酒ツーリズムプロデューサーの若林福成さんからは「アニメと日本酒のコラボ「聖地酒」の国際的パワー」と題して、

・「地域の豊かさを世界中に伝えていく」ことを大事にしていきたい
・日本酒の輸出額は7年連続で増加、約155億円(前年比1割増)
・アニメの聖地に来てくれて、日本酒を飲み、買って帰ってくれる「国内型輸出」に力を入れていきたい。
・ストーリー性があれば高くても購入される。

といった話があり、「アニメファンと日本酒ファンはその性質が類似する部分が感じられる。個々の価値を融合させることで、その価値はさらに磨かれ、価値は無限大」と締めくくられました。

180127_パネルディスカッションでは、お二人に加え、香川大学大学院地域マネジメント研究科長の原真志さんがファシリテーターとなり、成功するためには、

・作品への愛があることが前提。
・ファンの人たちは全国、全世界から来ている。その人たちがどれだけの時間とお金をかけて来てくれているかを考える。
・ファンと地域のコミュニケーションがとれることが大事。
・ファンと地域の人との人間関係、交流、人がポイントになる。
・ファンのみなさんも参加している、育てているという環境ができると成功につながるのでは。
・ファン、地域、行政がフラットな関係、寄り添うことが必要。
・本物の価値を提供してあげることが大事。

など、愛、人、参加、本物、寄り添うことが大事であることを確認しました。

愛、人、相手を思いやること

何事にも通じる成功の鍵ではないでしょうか。

公開講座の様子をメモにまとめました。
「180127_anime.pdf」をダウンロード(238KB)

|

« 木造住宅の適正な施工と保守で地震に備え | トップページ | 四国に住む私たちは自分事として学び 備えなければなりません »

勉強」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/66331634

この記事へのトラックバック一覧です: 成功の鍵 愛 人 相手を思いやること:

« 木造住宅の適正な施工と保守で地震に備え | トップページ | 四国に住む私たちは自分事として学び 備えなければなりません »