« 四国に住む私たちは自分事として学び 備えなければなりません | トップページ | 電気ドリルを買う人が欲しいのは ドリルではなく「穴」である »

あきらめたらそれで試合終了です

180217___1平成30年2月17日(土)、観音寺グランドホテルで一般社団法人 三豊・観音寺市医師会の主催で行われた三豊・観音寺市市民災害フォーラム「巨大地震 災害想定と危機管理 そのとき何をすべきか」に参加してきました。

講師は、回生病院 副院長兼救急センター長兼災害管理室長の関敬輔さん、香川大学危機管理先端教育研究センター 特命教授 萩池昌信さんのお二人です。

さんからは「南海トラフ地震 -起こることとその対応-」と題して、

・観音寺、三豊地域は震度7。三観地域:1~2mの津波、伊吹島:2~3mの津波
・津波到達までの3時間でなにをするか?
・液状化、ため池の決壊、火災被害

など、観音寺、三豊地域で何が起きるのかについての話しから始まり、被災時の医療機関の診療、クラッシュ・シンドローム、屋内でいるけがの原因、非常食の用意、トイレなど、発災時の医療機関の状況と住民の私たちがどう備えればいいのか、発災時にどう行動すればいいのかについてお話しいただきました。

萩池昌信さんからは「日常に活かす、防災の考え方」と題して、

・救急医療と災害医療の違い
・軽症の患者が先に運ばれてきて治療を受けてしまうと、重傷の人の治療が遅れ、死亡率が上昇する。トリアージの大切さ。
・避難所の生活は、地域を元にした集団生活。避難所の環境は、住民自身が作っていく。あきらめないことが大切。

といった話とともに、災害時のお願いとして「お薬手帳は必ず持参しましょう」「病院だけでなく、薬局も助けてくれます」「実は医療従事者も被災しています」と。

「災害対策は限界があるが、災害対応には限界はない」など、災害を学んできて心に残っている言葉で締めくくられました。

あきらめたらそれで試合終了です。

住民の私たち一人ひとりが出来ることがあります、しなければいけないことがあります。

フォーラムの様子をまとめました。
「180217_saigais.pdf」をダウンロード(1.06MB)

|

« 四国に住む私たちは自分事として学び 備えなければなりません | トップページ | 電気ドリルを買う人が欲しいのは ドリルではなく「穴」である »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/66597960

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめたらそれで試合終了です:

« 四国に住む私たちは自分事として学び 備えなければなりません | トップページ | 電気ドリルを買う人が欲しいのは ドリルではなく「穴」である »