« 電気ドリルを買う人が欲しいのは ドリルではなく「穴」である | トップページ | 主人公は「受け手」 相手を思いやらないと伝わらない »

本気で頑張っているから人は応援したくなる クラウドファンディング

180303_平成30年3月3日(土)、瓦町FLAG8階 高松市市民活動センターで行われた「NPOのための チャレンジ!! クラウドファンディング」に参加してきました。

講師は、2年前に香川でクラウドファンディングのサイト「FAAVO香川」を立ち上げた真鍋有紀子さんです。

・クラウドファンディングとは、「叶えたい夢や未来に共感をしてもらう」ことで、その実現に必要な資金の提供を受けること。
・サイトを見に来てくれるのも大変なのに、ページを見た人のうち、支援してくれるのは0.7~1%程度。
・補助金では、自分がやりたいことが世の中にニーズがあるのか、経済的にまわるのかがわからないまま世に出てしまう。
・クラウドファンディングでは、世の中にどれぐらい受け入れられるのか「不特定多数の人に思いを語り、応援してもらう」ための行為。

こんな話しや、クラウドファンディングを始めるにあたって、「何をしたいのかの明確化」「内容を整理しよう」「思いの伝わるリターン品を用意する」「どのぐらいの人が応援してくれそうか、イメージしてみよう」といったポイントの説明を受けたのち、グループに分かれてプロジェクトを深掘りし、発表です。

スタートしたら、とにかく一生懸命、真剣に走り続けるのみ!「自分が社会を変える」ことは出来ないかもしれないけれど、「社会を良い方向に変える人を応援する」ことはできる。そんな言葉で締めくくられました。

セミナーの様子をまとめました。
「180303_seminar.pdf」をダウンロード(211KB)

|

« 電気ドリルを買う人が欲しいのは ドリルではなく「穴」である | トップページ | 主人公は「受け手」 相手を思いやらないと伝わらない »

勉強」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/66586316

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で頑張っているから人は応援したくなる クラウドファンディング:

« 電気ドリルを買う人が欲しいのは ドリルではなく「穴」である | トップページ | 主人公は「受け手」 相手を思いやらないと伝わらない »