« 本気で頑張っているから人は応援したくなる クラウドファンディング | トップページ | 地域づくりとは何? そういうことをまわりの人と話し合うことから地域づくりが始まる »

主人公は「受け手」 相手を思いやらないと伝わらない

180325_keiei20180325平成30年3月25日(日)、高松商工会議所201会議室で一般社団法人 香川県中小企業診断士協会の主催で行われた経営セミナーに参加してきました。

テーマは「文章で伝える! 言葉で伝える! 伝える力を掘り下げる」です。

第1部は、元・記者が実践する「伝わる文章」の書き方 と題して、ことば経営 代表 中村かおり(中小企業診断士)さん、第2部は、自分を問いただす、自分を疑う、そして今の状況を楽しむ。考え方の成長でビジネスは成功する と題して、tsutaeru(ツタエル)代表 尾田美和子さんのお話です。

第1部の中村かおりさんからは、

 ・相手が精読を必要とする文章は、読みにくい文章である。
 ・主人公は「受けて」 受け手にわかりやすい言葉で、受け手にわかりやすい構造で伝えることが鉄則。
 ・相手の事情を想像し、受け手を思いやること。

など、「伝える」上での心構えから始まり、書き出す前の頭の整理として、

 ①伝えたいことは一つに絞る
 ②わかりやすい文章構造を組み立てる

また、書く前のポイントとしては、

 ・冒頭に命をかける(読んでもらえるかどうかの生命線)
 ・文法ミスは徹底してゼロに
 ・説明せずに描写する
 ・勇気を持って短く切る。30~40字を。60字は長すぎる。
 ・一文二意はNG(手抜きの証)
 ・読点は(主に)意味の切れ目に打つ
 ・重複は避ける

書いた後には、
 ①文章を寝かせて読み手目線でチェックする → 一晩寝かせる or 他人に読んでもらう
 ②メディアを変えて新鮮な目で見る → プリントアウト(紙)、音読(音声)
ことで推敲する。

最後は、「文章の上達法に王道なし。たくさん読む(真似る)、たくさん書く」と締めくくられました。

第2部の尾田さんからは、祖母の話やご自身の取り組みから、

 ・自分を売り込む、自分を信用してもらうこと、相手を信用することが一番難しかった。
 ・研究のための営業活動:展示会場に足を運ぶ。アンケートは自ら回収にいく。昼休みに電話をかける。
 ・西陣織で作った「お初履」の開発のため、思いを形にするために必要なプレーヤーを繋いでいった。
 ・緊密で無駄のない情報交換が、信頼関係の構築こそがいい製品づくりに繋がる。
 ・当たり前のことこそが出来ていない今の日本のものづくりの現状
 ・私の思いを正確に伝えに行かなければならない
 ・相手が何を求めているかを感じ取り、相手の質問に的確に説明できる力を付けておくことが大事

などのお話しがあり、最後は「西陣織で一つのモデルが出来れば、いろいろな伝統工芸に使えると思う」と締めくくられました。

主人公は「受け手」、相手を思いやらないと伝わらない。自分を信用し、相手を信用しないと伝わらない。
相手に共感してもらえなければ伝わりません。

セミナーの様子をまとめました。
「180325_tsutaeru.pdf」をダウンロード(411KB)

|

« 本気で頑張っているから人は応援したくなる クラウドファンディング | トップページ | 地域づくりとは何? そういうことをまわりの人と話し合うことから地域づくりが始まる »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/66770315

この記事へのトラックバック一覧です: 主人公は「受け手」 相手を思いやらないと伝わらない:

« 本気で頑張っているから人は応援したくなる クラウドファンディング | トップページ | 地域づくりとは何? そういうことをまわりの人と話し合うことから地域づくりが始まる »