« 自分の命を人任せ 行政任せにしていてはいけません | トップページ | AIの時代だからこそ新しいことにチャレンジし、試行錯誤にへこたれない人間力がより求められます »

「やり方」ではなく「在り方」 創業塾初日

180901p1150680平成30年9月1日(土) 、今日は「2018たかまつ創業塾」の初日でした。
創業を目指す人、後継者として経営の知識を学びたい人を対象に、毎週土曜日に4回にわたる創業塾です。

初日の今日は、株式会社Gentle代表取締役 中村成博さんによる「創業者のためのリーダーシップとコミュニケーションスキルの構築 ~人と関わる上で一番大切なこと~」です。

今日のこの時間を最高の時間にするには、話し手ではなく聴く姿勢が大事。この話は自分のためだけにしてくれていると思い込む。
そんな話から始まりました。

私も講義や出前講座のスタートには、「講義や講座は講師と受講生の共同作業です。眠たいなぁ、つまらないなぁと思う講座にするか、良かったなぁと思える講座にするかは、受講生のみなさんの質問や取り組み方しだいです。せっかくの時間を、より良い講座にしましょうね」
そんなお願いをするのですが、具体例もあげながら、そう伝えると伝わりやすいなぁと気づきからのスタートでした。

世の中にはハウツー本はたくさんあり、また、よく売れている。人は「やり方」を知りたがっている。
しかし「やり方」は、時代や環境と共に変えてゆく必要があり万能では無い。
「在り方」は不変的かつ普遍的なベースとなるものである。
「やり方」ではなく、「在り方」が大事。

働くとは、結果とは、リーダーシップとは、信頼が育まれる在り方とは、成長とは、・・・
そんな「在り方」について、グループワークを交えながらの一日間でした。

魚をもらうのではなく、魚の釣り方を教えてもらったと感じる一日でした。

塾の修了後は焼肉屋さんで懇親会。2時間の予定が3時間近くになっていました。来週土曜日に再開することを約束し、2次会に行く人、帰宅する人、高松の夜に別れていきました。

180901p1150681また、中村さんはいろいろなことの取り組まれており、防災アトラクションファシリテーターでもあり、いつもの人しか集まらない防災訓練、形骸化した防災訓練ではなくしようと、防災訓練を目的とした「体感型 アトラクションイベントⓇ」を展開しています。

いつどこで襲われるかもしれない災害にその場にあるモノでいかに対処するか、そんな命を守る術を楽しく学ぶ次世代型防災訓練。
こちらについても学び、真似たいと思った夜でした。

|

« 自分の命を人任せ 行政任せにしていてはいけません | トップページ | AIの時代だからこそ新しいことにチャレンジし、試行錯誤にへこたれない人間力がより求められます »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/67208264

この記事へのトラックバック一覧です: 「やり方」ではなく「在り方」 創業塾初日:

« 自分の命を人任せ 行政任せにしていてはいけません | トップページ | AIの時代だからこそ新しいことにチャレンジし、試行錯誤にへこたれない人間力がより求められます »