« 笑顔の時に良い意見が出る | トップページ | 体験、繰り返し、訓練が大切 »

相手の立場になってみて 気づけることがたくさんあります

181025_平成30年10月25日(木)、バリアフリー支援室講習会「ガイドヘルプ講習会」に参加してきました。

視覚に障害のある方に出会った際の誘導方法「ガイドヘルプ(手引き)」を体験、習得する講習会です。

講師は香川県立盲学校の、先生、宮本先生、吉田先生、佐々木先生、先生です。

座学ののち、校内で実技です。

座学では、
 ・視覚の機能とはものを見る働きのことで、「視力」「視野」「色覚」「明暗順応」「眼球運動」がある。
 ・このいずれか、あるいはいくつかの働きにいろいろな原因があって「見えにくい」や「見えない」といった状態が、視覚に障害があるということ。
 ・100人いると100通りの見え方がある。
 ・視覚障害があっても、ちょっとした工夫や支援があれば、出来ることがいろいろ増える。

など、具体的な例を示しながらわかりやすく話していただきました。

実技では、基本姿勢、狭いところの通過の仕方、段差や階段の上り方、降り方、溝のまたぎ方などを体験していきます。
二人一組になって、一人がアイマスクで目が見えない状態、もう一人が手引きを行います。

アイマスクを着けて目が見えない状態で歩いてみて気がついたことです。
 ・見えていると歩いていても気にならなかった舗装のちょっとした波うちが、目が見えないとそのちょっとした高低差がどんどん大きな変化として足に飛び込んできます。
 ・屋内に入ると、外とは空気や風、「空気感」が違うことに気づきます。

5感のひとつ「視覚」が無くなると、残りの感覚が取り入れていた情報の多さに気づきます。

また、段差と言われても「上り」なのか「下り」なのかを言ってもらわないとわかりません。
「あそこ」と指さされても、どこなのかわかりません。

相手の立場になってみて、気づけることがたくさんあります。
良い経験をすることが出来ました。

|

« 笑顔の時に良い意見が出る | トップページ | 体験、繰り返し、訓練が大切 »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/67319368

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の立場になってみて 気づけることがたくさんあります:

« 笑顔の時に良い意見が出る | トップページ | 体験、繰り返し、訓練が大切 »