« 体験、繰り返し、訓練が大切 | トップページ | どうなる ドローンのある暮らし »

信じる・信じないは自由だが、人を攻撃したらそれは自由ではない

181222_p1160265m平成30年12月22日(土)、観音寺市民会館(ハイスタッフホール)で行われた観音寺市人権講演会に行ってきました。

講師は、殺人犯だとネットに書き込まれたスマイリーキクチさん。講演のタイトルは「インターネットに潜む危険なワナ ~加害者や被害者にならないためにすること~」です。

講演の前には、人権擁護に関する作品の最優秀賞の表彰と本人による作文の朗読がありました。

○お母さん
自分の病気の手術を後回しにして私を産んでくれたお母さん。お母さんは今でも入退院を繰り返しています。薬の副作用で寝ていることがあります。それでも、私の食事や送り迎えをしてくれます。お母さんが産んでくれた子の命を、絶対に大切にしたいと思います。

○みんながふつうに暮らせる社会に
大縄跳びの練習をしている時に私は足を骨折してしまった。私の松葉杖生活が始まった。松葉杖の生活は想像以上に大変だった。使う人、困っている人たちの意見を取り入れることで、世の中は良い方向へ向かうと思う。骨折したときに周りの人がしてくれた親切を私は忘れない。みんなが優しく生きていける社会を作りたい。

キクチさんの講演では、

○ネットでの書き込みが
・あおり運転の石橋:偶然あおり運転の石橋の住所のそばに住んでいた同姓の石橋さんが、住所、会社名、実父の名前、家の写真、家族構成まで公表され、ネットリンチに。
・1992年に私は殺人者にされた:ガラケーの携帯電話の時代。2chに「スマイリーキクチは殺人者」と書き込みをされた。
・マネージャーから書き込みのことを言われ、否定しました。すると、「やっていない証拠を出せ」「死んで証明しろ」「殺してやる」「親を殺してやる」・・・
・デマの書き込みを消すので腱鞘炎になってしまいました。

○警察に相談する 二つの失敗 事前連絡なし、生活安全課に行ってしまった
・中野署に事前に電話をしないで相談に行った。
・受付の人が「刑事課」ではなく「生活安全課」に案内された → 殺害予告? あなたノイローゼだよ。相手にされなかった。

○刑事告訴
・刑事課の啓治さんが対応してくれることに。これまでの9年間の警察の対応を謝ってくれた。
・9年間、諦めなくて良かったと思った。

○言論の自由
・信じる・信じないは自由だが、人を攻撃したらそれは自由ではない。

○信用を失う
・ネットの誹謗中傷がその人の信用を奪う。

そんな実際に起きたことをわかりやすくお話しいただきました。

そんなお話しの中には、熊本地震の際の「ライオンが逃げた」とのデマの話しも。
ライオンが怖くて家から出なくて、余震で亡くなる人が出る。
「助けてください 足の悪い父親がいます、子供がいます」 TVではなかなか伝わらない情報もSNSでは早く伝わる。

181222_p1160260mそんな、SNSの良さと、使う上での情報が正しいのかを疑う目、情報を公開する前に、一度止めること、確固たる証拠が確認できるまで情報を寝かせることの大切さを言われました。

スマイリーキクチさんに「殺してしまえ」「家族も殺してしまえ」「彼女がいるなら彼女を襲え、そうすれば被害者の気持ちがわかるだろう」と書き込みをしていたのは、朝出勤前に良いことをしていこうと書き込みをしていた人、妊娠して辛かった人、ムシャクシャしていてストレス解消したかった人、仕事が辛かった人・・・

情報を発信する際には、その情報が正しいのか、またその情報が与える影響を今一度考えましょう。

講演会の様子をまとめました。
「181222_jinken.pdf」をダウンロード(283KB)

|

« 体験、繰り返し、訓練が大切 | トップページ | どうなる ドローンのある暮らし »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じる・信じないは自由だが、人を攻撃したらそれは自由ではない:

« 体験、繰り返し、訓練が大切 | トップページ | どうなる ドローンのある暮らし »