« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

15周年を迎えた 徳島大学環境防災研究センター

190518_tokushima15 令和元年5月18日(土) 、徳島大学常三島キャンパス 常三島けやきホールで行われた徳島大学環境防災研究センター 設立15周年記念シンポジウム「安心・安全な社会を紡ぐ ~平成から令和へ~」に参加してきました。

来賓挨拶には飯泉徳島県知事も来ていただきました。

特別講演「21世紀の国難を乗り切るために」の講師は、関西大学特別任命教授の河田惠昭さんで、中央防災会議防災対策実行会議委員でもあります。

特別講演で気になったポイントは、

○日本人には理解できない「国が潰れるという事態」
 ・3.8mの津波、JR大阪駅が2mの津波 大阪の人は「そんなの来ない」と思っている。
 ・耐震補強していない堰が壊れ、御堂筋が川になって御堂筋が水没する。 → イメージできない → 何も無いことにしたら「楽」

○時代にそぐわない法制度
 ・死亡弔慰金:災害基本法の出来た頃には世帯主が亡くなると大変だった。今90歳のお年寄りが亡くなっても死亡弔慰金(500万円 or 250万円)が出る。弔慰金だけで9兆円が必要になる。

○日常業務としてやりなれていないから失敗する。成功するには非日常業務の日常化が必要。

○日本のボランティアの定義
 ・社会福祉協議会は避難所の要支援者の支援という、社会福祉の本来のことをやって欲しい。阪神淡路大震災の時にはボランティアの調整をする機関がなかったから行政が対応しただけ。
 ・ボランティアは外から来るものと思っている。被災地域の中で被災していない人が被災している人を助けるのがボランティアである。

データに基づき、ズバズバ指摘されるその内容は、刺激的な内容でした。

シンポジウムの様子をまとめました。

ダウンロード 190518_tokushima.pdf (349KB)

| | コメント (0)

戦略的BCPがもたらす企業価値

190515_bcp 令和元年5月15日(水)、高知県産学官民連携センター ココプラで行われた第1回シーズ・研究内容紹介「戦略的BCPがもたらす企業価値」に参加してきました。

講師は、高知大学 地域協働学部/防災推進センター危機管理分野の藤岡正樹さんで、大学での研究成果を「実学」として世に活かそうと会社をいくつか興しています。
その中には防災講習や訓練の実施を行う会社もあるそうです。

研究内容紹介で気になったポイントは、

○中小企業のBCP、防災対策について
 BCPはお金だけでなく人的コストもかかり、いつ来るかわからない災害にコストだけが出ていく。中小企業では進んでいない。 → 見方を変えて、防災活動に価値があるのでは

○なぜ企業防災が進まないのか
 ・忙しい、お金がかかる
 ・後回しにしておいた方が楽 → 具体的に何をやればいいのかわからない
 ・とりあえず何かやってきたが、(必然性=緊急性がないので)進まない

○生命の安全確保を前提とした、事業の継続を目指すのがBCP

○戦略的BCPの位置づけ
 ・企業価値・収益の増大を狙った攻めの防災対策 (河北新報社の例)

○戦略的BCPとは
 1)単なるコスト部門として捉えない
 2)防災対策には両極端の議論を戦わせる
 3)ゆるやかな協定を結ぶ
 4)ステイクホルダーにわかりやすく伝える

説明会の中では、4~5人のグループ討議で、
 ・会社で参集訓練を行うこととした。何かメリット、利益につながるやり方は?
 ・災害対応型自動販売機を会社のロビーに導入することになった。賛成、反対、その理由は?
 ・A社には空いている土地(高台)がある。B社はそこを借りて自社の防災用具を置きたい。A社にもB社にもメリットがあるようにするには?
 ・資材調達先の冗長化のために津波浸水区域以外に新たな仕入先を定める
についてディスカッション。

○その他戦略的BCPを考える上でのポイントは
 1)品位のある見える化 見える化 or 見せるか?
 2)安心を評価軸に加える 何でも安心につながるマジックを行使 ← 最終的に安心につながること
 3)トップダウンとボトムアップのバランス 社長のリーダーシップ? ← バランスを考えて
 4)地域貢献・地域との共生 地域の主体性の尊重 ← 内閣府の図にもある
だそうです。

従業員、企業、地域にとって企業価値を高める戦略的BCPを。

研究内容紹介の概要をまとめました。

ダウンロード190515_bcp.pdf (996KB)

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »