« 常識にとらわれず Weでやる | トップページ

有史以来、母親だけが子育てをしたことはない なのに今は孤育て

190616_hukushi 令和元年6月16日(日)、香川県社会福祉総合センターで公益社団法人香川県社会福祉士会の主催で行われた福祉講演会「児童虐待から考える ~SOSはなぜ届かないのか~」に参加してきました。

講師はルポライターの杉山春さんです。

杉山さんの著書「満州女塾」から、戦争中、女性は性を売り、食事を得たり命をつなぐしかなかったことの説明から始まりました。

講演では、2000年、2010年、2014年、2018年、2019年の事件の状況を示しながら、児童虐待への時代の変化を説明いただきました。また、
 ・社会の評価が気になることから、外では頑張る。社会的に評価されるお父さん。家庭、子育てには無関心。
 ・シングルマザーは経済的問題から、借金や性を使う難民のよう。
 ・子どもの貧困は時間の貧困でもある。シングルマザーの貧困。
 ・子育ては母親の役割と考える社会ではとてもつらい状態。
 ・父親は仕事をしなければならないという価値観は強い。 → 引きこもりを生んだ土壌
といった話がありました。

農村社会では、子育てはおじいちゃんやおばあちゃんが担い、女性は家の労働力だった時代。 → 有史以来、母親だけが子育てをしたことはない

「この社会はあなたの、そして私の場所だ」と締めくくられました。

子育てが孤育て(こそだて)となりがちな社会。
まわりの私たちは、何が起きているのか想像できる知識が重要です。その知識や経験を共有できることが重要です。

深夜2時に「ママ、ママ」の声が聞こえ大人の声が聞こえないなら、何が起きているかを想像し、行動を起こさなければなりません。

講演会の様子をメモにまとめました。

ダウンロード - 190616_gyakutai.pdf(192KB)

|

« 常識にとらわれず Weでやる | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常識にとらわれず Weでやる | トップページ