カテゴリー「災害、防災」の156件の記事

トイレの問題は排泄だけでなく 廃棄するまでの処理が終わるまでの問題

170914p1130886平成29年9月14日(木)、徳島大学工業会館で徳島大学の主催で行われた「第3回BCP研究部会」に参加してきました。

前半はエクセルシアの足立さんから「より実践的な災害用トイレの活用方法」と題した講演と、後半は「災害対策本部の組織体制」についてワークショップです。

汲み取りが不要で、薬剤処理で済む、電気も不要で、ほとんど水を使わない防災トイレを作っているエクセルシアの足立さんからは、

・地震が起きたら、高層の建物では、配管の検査をしてからトイレの使用を。
・津波が起きると、標高の低いところにある下水処理場が被災。
・トイレ復旧までには数ヶ月を要する。
・ゴミ収集は、何ヶ月も回復しない。地震がれきのゴミが発生し、以前の状態に戻るのは数ヶ月かかる。

など、トイレの復旧には長期間を要すること、トイレの問題は排泄だけでなく、廃棄するまでの処理が終わるまでの問題であることの話がありました。

また、災害用トイレとして「携帯トイレ」「簡易トイレ」「仮設トイレ」「マンホールトイレ」の説明があり、

・携帯トイレ、仮説トイレはすぐに使えるが、トイレが復旧するまでの長い期間使い続けられるだけの備蓄は難しい。
・まずは3日分の備蓄を。
・被災地は、多くの仮設トイレが届いてもバキュームカーが不足し、使い続けられない。

170914p1130887そのような被災時の状況に対応できるモノとして、錠剤タイプの携帯トイレ「ほっ!トイレタブレット」の実演と説明がありました。

想像してください

・トイレで排泄物に錠剤をかけようとすると、排泄物を見なければいけない、水に浸かっていないので臭いも出ている、そんな状態での作業が必要。
・錠剤をかけるには、トイレットペーパーを取り除いておかないと排泄物にかけられない。

実際の排泄時の使い方、使われ方、ゴミ収集が始まるまでの長期間、糞便袋を保管しておかなければいけないことを想像すると、携帯トイレにどのような機能が必要になるかが見えてきます。

170914p1130888質疑では、

・仮設トイレの課題、その課題を考えると断水している屋内の洋式トイレを活用する方がいい。
・備蓄率を上げるには、日常で使う物に近づける。ドライブや登山時の携帯トイレとして使うなど。
・1日あたりの排泄回数を大小合わせて5~7回で想定。3日分なら15~20回程度。

と、3日分の備蓄として、一人20回分の携帯トイレの備蓄が必要なことが示されました。

トイレの問題は排泄だけでなく、廃棄するまでの処理が終わるまでの問題です。

BCP研究部会の様子をまとめました。
「170914_bcp.pdf」をダウンロード(250KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場で出来ることを考え即実行する現場力 それは計画と訓練から

170909_bcp平成29年9月9日(土)、高知サンライズホテルで高知県商工労働部商工政策課の主催で行われた「防災・BCPシンポジウム」に参加してきました。

170909_p1130786会場には、高知県の企業が開発した防災グッズの展示も行われ、「防災」を地産地消、地産外商しようとする高知県の意気込みが感じられます。

プログラムは以下のとおり、東日本大震災や熊本地震に実際に対応した企業の方の講演、事業継続計画(BCP)の策定への取り組みや効果についてのパネルディスカッションです。

○開会の挨拶 高知県商工労働部商工政策課 課長補佐 須藤正智

○講演1「震災時のライフラインを支えた当社の取り組み!」
  株式会社マイヤ 管理部 人事グループ グループ長 新沼聖

○講演2「事業継続計画(BCP)策定取組みと熊本地震での効用」
  天草池田電気株式会社 常務取締役 池田博文

○パネルディスカッション
 パネリスト:
   株式会社マイヤ 新沼聖
   天草池田電気株式会社 池田博文
   株式会社サンシャインチェーン本部 総務部次長 佃雄次
 ファシリテーター:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 坂本憲幸

講演1の新沼さんからは、

・海岸沿いの12店舗が被災。内陸の物流センターと5店舗から物資を供給。
・お客様商売なので、避難訓練など地震や火災への備えばかりで、津波への備えが不足していた。
・避難や商品販売など、あるもので、出来ることを考え実行した

など、マニュアルに書かれた「①安全確保。②従業員の安全確保。③被災地域のライフラインの維持・継続」に基づき、被災した店舗が使えなくても、駐車場に机と従業員の車のヘッドライトで商品の販売、レジが使えないので全商品100円均一、より多くのお客様に商品を配れるよう、10キロ入りのお米の袋も小分けしたり、乾電池も懐中電灯に必要な2本ずつ販売したりと。

現場の状況、お客様の状況に合わせた現場の判断で、即、実行されていった様子を聞くことが出来ました。

その中では社長が資金調達に走り、関係取引先や従業員、お客様の信頼を維持し、「現場力」の信頼度の向上と、お客様から「ありがとう」の連発に。

絶対ということはない。想定外はある」と締めくくられました。

講演2の池田さんからは、半年でBCPを策定し、それが熊本地震でどう機能したのか、その効果について紹介がありました。

・BCP策定を人材育成に。策定メンバーを30名選定。
・熱い議論を何回も繰り返し、メンバーの意識向上と本質的なBCPを約半年間かけて構築。
・社員一人ひとりの意識の変化へ

など、BCPの策定を人材育成に使い、意識が変われば、あまりお金はかけなくても出来ることがあることを紹介いただきました。

従業員、お客様の”いざ”という時に、頼りになる会社であるために」の言葉で締めくくられ、BCP策定へのエールとされました。

 
170909_p1130788パネルディスカッション
では、被災時のライフラインの状況、備蓄品、安否確認、夜間の参集、トップの役割など、具体的なやりとりが行われました。

大手企業は他店から支援がきて、お金も十分に使えるメリットがある。高知県も熊本県と同じように中小企業が多く、「孤立無援」になってはいけない。助けの手が伸びてくるのは、平常時に信頼関係を構築してきたこと。

そんな言葉で締めくくられました。

シンポジウムの様子をまとめました。
「170909_BCPsympo.pdf」をダウンロード(544KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

排泄は子どもにとっても尊厳である 学校のトイレについて考える

170725p1130559平成29年7月25日(火)、学校のトイレ研究会による「災害時にも配慮した水まわり講演会」in 四国 に参加してきました。

副題は「学校トイレを明るくきれいに! 災害時に備えよう」とされ、学校のトイレの現状や課題、災害時に避難所となる学校のトイレだからこそ考慮すべきことを、アンケートや事例とともに紹介いただきました。

プログラムは次のとおりです。

第1部「今、緊急に学校トイレに求められること ~災害対策と老朽化対策~」
  学校のトイレ研究会 事務局長 川村浩

第2部「適切な学校トイレつくりとは」
  学校のトイレ研究会 研究員 井上

第3部「子どもたちを育む学校トイレを目指して
  学校のトイレ研究会 主任研究員 くめ

第4部「トイレ施設見学」

講演会では、

◇学校のトイレについて
・アンケートより「トイレのどんなところが嫌い?」 臭い、汚い、暗い、怖い、古い(壊れている) ← 5K
・湿式清掃の床は 感染症の温床 → トイレの床掃除は乾式で出来る構造に
・和式便器が大腸菌を床に広げ、スリッパがそれをトイレ外に持ち出す → 衛生面からも洋式化を

◇地震時には
・仮設トイレ:凍てつく寒さの中、余震の続く中、雨に濡れながら屋外の仮設トイレを使う人はいなかった。
・アンケート「困ったことは」 トイレ1位、シャワー2位
・飲料水や食料は届く。一番に考えなくてはならないのはトイレ。
・衛生環境の悪化は生命に関わる。
・和式トイレは,高齢者など使ってもらえなかった、使えなかった。既設トイレの洋式化、節水型への置き換えが必要。

など、避難所トイレの実態や衛生面からの科学的なお話を聞けました。

学校でトイレ(大便)に行くとからかわれるので、トイレに行くことを我慢して体調を崩す子、トイレに行かなくていいように朝食を抜き元気を無くしている子、トイレが汚いのでトイレに行くのを我慢して体調を崩す子。

排泄は子どもにとっても尊厳である」と、講演は締めくくられました。

トイレの洋式化、衛生面から湿式で清掃が可能な構造、災害時に「個室」を確保できる多目的トイレの意義、多くの種類の洗剤が避難所に届けられ「混ぜるな危険」を管理することが難しい、ネットに入れた石鹸をみんなで使うことが感染源。

目から鱗の2時間でした。

食べることに比べ、出すこと(排便)を我慢することは、そく体調に影響します。
排泄にも想像力をたくましくし、備えましょう。

講演会の様子をまとめました。
「170725_toire.pdf」をダウンロード(230KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹底的な訓練と計画の応用で 想定外を想定にする!

170721p1130480平成29年7月21日(金)、香川大学 研究交流棟5階 研究者交流スペースで行われた「香川地域継続検討協議会 第27回勉強会」に参加してきました。

話題提供者は、海上自衛隊 元横須賀地方総監(海将)で、香川大学客員教授の高嶋博視(たかしまひろみ)さんです。東日本大震災の際に、海上自衛隊の活動全体を指揮した方です。

東日本大震災の教訓(From THE SEAの現場から)」と題して、

・陸・海・空の部隊を「災統合任務部隊」のもと、一つの指揮命令系統下に置く。
・平時における有事 ← 戦争レベルに限りなく近い作戦
・海自が持つ資源の最大活用、幕僚調整の結節を少なくする。
・忘れてはいけないことは「ゴールは何か」ということ。とにかく、1秒でも早く国民を救うんだ!
・見栄も外聞も無く、取り得ること、最大の努力をする。

と、有事(戦争)に限りなく近い状況と、それにどう対応、指揮したのかをお話しいただきました。

その中では、

・規則は人が作ったものであり、何がゴールかを考え、変えればいい。 ← 人命に関わる事態にどう対処するか。
・孤立地域の生活支援:入浴、入浴中の時間を使って携帯電話の充電や洗濯、肩もみ、歯の治療、・・・ ← 何をやるべきか、どうやるかは、現場の指揮官が判断、実行していった。
・とにかく訓練。想定外を想定にしなければならない。
・訓練をすれば、自分の持っている計画の課題が見えてくる。それを見直し、また訓練。

など、想定外を無くすための訓練の大切さ、有事の際には平時とは異なる判断、行動が求められることもお話しいただきました。

質疑では、隊員の安全メンタルケアの話し、規則訓練計画の意義、民間を巻き込むことの大事さなどについても説明いただきました。

計画をつくり、訓練し、見直し、想定外を想定にしていく。
備えることの大事さを、具体的に説明いただいた2時間でした。

勉強会の様子をメモにまとめました。
「170721_benkyoukai.pdf」をダウンロード(232KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の命は自分で守りましょう その当然なことを行政任せにしていませんか

170719p1130479平成29年7月19日(水)、サンポートホール高松5階 第2小ホールで、香川県などの主催で行われた「県民防災週間2017シンポジウム だれでもできる防災・減災」に参加してきました。

講師は、香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構 地域強靭化研究センター長 特任教授の金田義行さんと、株式会社危機管理教育研究所 代表 国崎信江さんのお二人です。

金田さんは「西日本大震災への備え -南海トラフ地震と内陸地震への県民の心構えと減災-」と題して、

・プレートが動き続ける限り、地震は繰り返される。
・想像力を働かせて、実践的な訓練、対策を。
・あの避難路は液状化や建物の倒壊で使えるだろうか。津波到達までの猶予時間、どう避難するかの訓練にシミュレーションを活用して。
・地震で被災した防潮提、防波堤を復旧するには時間がかかり、その間に水害も、スーパー台風の襲来もありえる。
・「経験」「土地勘」「平常時」の3つの備えを。

そんな話とともに、町歩き、日頃のコミュニケーション、少し違った視点から訓練を繰り返す。いろいろな視点で物事を見る。脆弱性を見つける「気づき」の大切さを強調され、「災害は忘れなくてもきます」と締めくくられました。

 

二人目の講師、国崎さんからは「家庭や地域の防災対策 ~自分を・大切な人を守るために~」と題して、シミュレーションの映像や実験映像などを交えながら、私たちの思い違い、勘違いを正していってくれます。

・津波高さ、浸水エリアを「安心材料」として聞いているかもしれない。
・「行政が何とかしてくれる」の考えは捨て、自助、共助で。
・「自分の命は自分で守りましょう」とは当然のこと。
・自分のためのものは自分で用意し、自分の排泄のこと、寒さ対策は自分でやること、それが熟成した社会。

また、
・耐震補強を選ばなかったのはあなたの判断。しかし、ご近所さんがあなたを助けようと、余震の続く中、危険な作業を。
・あなたが下敷きになっているがれきの上を踏んで津波からの避難を・・・
・倒壊した家が、偶然そばを歩いていた通学生やベビーカーを押している親子を襲うかもしれません。

など、何が起きるのかを想像できる力が必要です。

テーブルや机への絶対的な信頼を検証、家具を固定するより必要なこと、避難場所の家族間での確認内容の落とし穴、身の安全を心配してかけた電話が何を引き起こしているか。

私たちの思い込みや想像不足な点を指摘していただき、「南海トラフの地震は必ずきます。必ず生き残ってください。生きててよかった、そんな話が出来ますように」と締めくくられました。

「自分の命は自分で守りましょう」とは当然のこと。
その当然のことを実現するために、私たちに出来ることがあります、私たちがしなければいけないことがあります。
必ず来るその日に備えるために。

シンポジウムの様子をまとめました。
「170719_bousaisympo.pdf」をダウンロード(236KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せっかくの情報を活かすには 事前の勉強や備えが必要です

170708_h290708平成29年7月8日(土)、高知市文化プラザかるぽーと 11階大講義室で行われた「高知県地震防災研究会・2017年度講演会」に参加してきました。

この会は1995年、高知工業高等専門学校の吉川先生を会長として始まり、今年で22年目になる。

そんな和田代表の挨拶から始まりました。

プログラムは次のとおりです。

○開会挨拶 高知県地震防災研究会 代表 和田達夫(技術士)
○「超低周波センサーで自然災害の襲来に備える ~高知県内で進む実証試験~」 
  高知工科大学 システム工学群(電子工学専攻、光エレクトロニクス専攻、航空宇宙工学専攻)山本真行(理学博士
○「平成28年度熊本地震の木造家屋被害に影響を及ぼした観測された強震動の特徴と、被災後の住宅再建に必要な計測技術について」
  高知工業高等専門学校 池田雄一(工学博士)
○「南海地震は予知できる!」
  地震研究家 山本武美
○全体質疑応答
○総括挨拶 高知県地震防災研究会 名誉顧問 吉川正昭(工学博士)
○閉会挨拶 事務局長 小川修

高知工科大学の山本真行先生からは、インフラソニック(超低周波)による自然災害の観測、津波の観測についての話しです。

科学とは、技術とはなんだろうか?

理学部出身なので、理学部の人は「おもしろいね」と言ってくれるが、工学部の学生の8割以上は「それ、何の役に立つんですか」と聞かれる。工学部の学生は一般の人の感覚を代弁してくれている。

現代の科学技術伝承における問題点として、

 ・多くのブラックボックスが増えた。 → ラジオを分解してもコンデンサやトランジスタは見えず、ICチップが一個あるだけ、回路図を復元するなんて事は出来ない。
 ・実際に開発した世代が去り技術だけが残る。
 ・バーチャルリ・アリティが進み、リアリティを知らなくなった。
 ・日本が安全になりすぎて、海外に行きたがらなくなった。

など、科学と技術についてのイントロののち、インフラサウンド(超低周波音)の話しです。

 ・大きなものが動けば超低周波音が発生する。
 ・地球上の破壊現象で発生し、遠くまで伝わる性質がある!
 ・音は音速で伝わるので、津波よりも先に情報が届く!
 ・空気の粘性は、周波数の2乗に反比例する → 1KHzの音が1mで減衰する量が、0.1Hzだと10万Km必要。
 ・ひそひそ声は近くにしか聞こえないが、爆発音は遠くまで届く。
 ・遠雷 「ドカン」の音が「ゴロゴロゴロ」の音の成分しか届いていない。
 ・GPS波浪計などの既存の津波検出装置は、いずれもコストがかかる、メンテナンスが難しい、誤作動、小津波でも警報を鳴らす(狼少年)

そんなインフラサウンドの特徴が津波観測にも活かせるのではと、黒潮町で実証実験が始まっています。また、インフラサウンド研究室が今年の4月に出来た。生データを公開する準備を進めており、夏頃には公開できるのでは。

とても興味深い一時間でした。

次は、高知工業高等専門学校の池田雄一先生の、熊本地震の被害と住宅再建についての話しです。

 ・被害の大きかった木造住宅は、接合部がしっかり止まっていない。釘だけで、接合金物がなかった。接合金物は2000年以降義務、それ以前は努力義務。フラット35などの融資を受けるには、接合金物の使用が必要だったので、2000年以前の建物でも接合金物が使われていた。
 ・板、防水シート、その上にラスを張りモルタル仕上げの家がほとんど壊れていた。
 ・住宅再建には1500万円ほどの費用が必要だが、被災者生活再建支援金、義捐金、復興基金助成だけでは半分ほどにしかならず、自己資金、地震保険への加入が、住宅再建の大きな分かれ道となる。

そのような話しののち、「地震保険も入っておらず、自己資金もない人は、全壊の家屋を壊してしまうと、再建が困難となる。 → 被災家屋の補修の可否を簡便に判定できないか。建物の傾斜角から、被災家屋の補修の可否を迅速に判断できる技術は無いか」と締めくくられました。

                        
地震研究家の山本武美さんの「南海地震は予知できる!」では、

 ・これまでの9回の南海地震を並べた場合、4つの断層が存在すると考えられ、これらから推定される次の南海地震の発生時期は、2017年11月2018年5月頃
 ・これまでの地震でも、地盤異常隆起や“すずなみ”が観測されており、地震の予知は可能である。

宇佐の潮位観測のデータや画像など、ホームページで公開されているので、「みなさまに(情報を)伝達できても、事前知識が無いとその情報を活用できない」と締めくくられました。

様々な研究や観測が行われ、情報が提供されても、それを受けた私たちが行動に移さなければ、何も無かったと同じです。

正しく情報を活かせるよう、事前の勉強や備えが必要です。

研究会の様子をまとめました。 「170708_zisin.pdf」をダウンロード(221KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災教育の原点は自尊感情 命の大切さをわかること

161223_bousai平成28年12月23日(金・祝)、サンポート高松 第2小ホールで四国遍路の心でつなぐ防災教育研究会の主催で行われた「四国遍路の心でつなぐ防災教育研究会 公開シンポジウム」に参加してきました。

四国遍路へのおもてなしなど、郷土に根付く「共助」の精神文化から防災を考えていこうとするもので、「ぼうさいフェスタ in 志度寺」に続く2回目の取組です。

香川には大きな災害がこないと思われているのは間違い。子どもたちと大人たちが楽しく学べる仕組みづくりを構築しようとしている。香川大学の先生からは知恵、青年会議所からは行動力と知恵、技術士会からは生活経験、専門性のある経験からのお話をいただく。

そんな研究会事務局の花崎哲司さんの趣旨説明に続き、「基調講演」「特別座談会」「災害伝言ダイヤルメッセージ171コンテスト」「こども防災マスター認定式」へと続きます。

 

161223p1120365m香川大学 危機管理先端教育研究センター 副センター長 特命教授 岩原廣彦さんの基調講演「南海トラフ巨大地震に備える香川の防災教育の現状と課題」では、

・防災教育を実践する上での五箇条
・防災意識を広げるには、当事者意識を持つ(他人ごとではない)、自分で考えることが大事。責任感を植え付ける。
・知識だけの教育に偏っていないか。 → 知識は忘れる。意識とすることが大切。

といったお話があり、「防災教育の原点は自尊感情を育むこと、人の命の大切さをわかり、お互い様の気持ち、人と人の繋がりの大切さを知ること」と締めくくられました。

 

特別座談会「香川の未来型防災教育展望」 ~学校教育で成し得なかった課題解決のために~ は、香川大学 生涯学習教育研究センター長 清國祐二さんの座長のもとに、

・楽しく学ぶ防災ゲーム
・パニックを起こさないように「指揮」、正確に指示を出すことの大事さ。
・リーダーとなるような資質と能力を事前に涵養していないと難しい。
・「知って・考えて・行動する」ことで、初めて家族を守れる。
・知識よりも意識。さらに、知識を行動するものにして知恵に。

岩原さんからは「知識だけではだめ、行動に移せるような防災教育」、松尾さんからは「知力、体力、時の運(危ないところにいかないとか)」 これを実践できる人になってほしい」と締めくくられました。

命の大切さをわかり、知り、考え、行動することが、災害から生き残るためには必要です。

公開シンポジウムの様子をまとめました。
「161223_bousai.pdf」をダウンロード(394KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたにしか救えない大切な命

160911_seminar平成28年9月11日(日)、レッツホール(高松丸亀町壱番街東館4階)で行われた「香川大学サテライトセミナー 第17回イキイキさぬき健康塾」に参加してきました。

今日のテーマは、9月9日の「救急の日」にちなんでAEDです。

街角救命マシーン活用術」と題して、香川大学医学部付属病院 看護部 集中ケア認定看護師 堀仁実さん、安西馨さんのお話と実演です。

救急車が到着するまで、全国平均で8.6分かかります。

160911p1110421また、心臓が止まってからの経過時間が1分ごとに10%程度ずつ低下し、2分で救命率が90%なのに、4分で50%、6分で10%と、救急隊が到着するまでに、そこにいる人が心肺蘇生などを行うことで、救える命があります。

いえいえ、あなたにしか救えない大切な命があるのです。

セミナーの様子をまとめました。
「160911_seminaraed.pdf」をダウンロード(629KB)

次回は平成28年10月23日(日)、テーマは「脳腫瘍治療への挑戦 ~術中MRI 四国初上陸~」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「安心・安全」は、目に見えないもう一つの「おもてなし」

1260910p1110411平成28年9月10日(土)、高知共催会館で高知県の主催で行われた「大地震に備える企業のための防災セミナー 東北企業からのメッセージ」に参加してきました。

セミナーは13:30開始ですが、受け付け開始の12:30から多賀城市の被害の様子や、発災後の市内の状況などの映像が流されていました。
川を逆流する津波がついには街中に流れ込み、家やドラム缶、角材が流れていきます。

プログラムは次のとおりです。

○講演1 製造業における対応と教訓
  「東日本大震災5年 三菱製紙八戸工場の震災時対応と復興について」
   新北菱林産(株)代表取締役社長 金濱福美

○講演2 卸・小売業における対応と教訓
  「BCP(事業継続計画)と防災訓練の重要性 東日本大震災後の藤崎百貨店の対応」
   (株)藤崎 総務部担当兼CSR室担当部長 庄司直

○総括及びBCP策定支援講座のご案内                    
    東京海上日動

もと三菱製紙株式会社の金濱福美さんからは、

・工場のレイアウトは津波を意識し、地盤を1mかさ上げし、工場が津波の浸入を防御できるように、海岸方向に工場を長く配置し、海岸に通じる道路は2カ所のみ。
・東北電力からの受電設備、水の揚水設備は一番内陸側に配置し、揚水設備は無被害、受電設備の被害も小さかった。
・情報収集、指揮の場所も一番内陸側で、工場の中心部に配置。

と、これまでの地震や津波の経験を活かした工場の整備が、被害を少なくし、速やかな工場の停止の判断が、速やかな避難につながり、一人の死亡者も出さずに済んだそうです。

東日本大震災を受け、津波からの避難計画を立て、訓練を行い、重要な電気設備の水封化対策や2階への移設を行ったそうです。

最後は、「災害は必ずあるとの気持ちでやっていかないといけない。経験を語り継ぐことの大切さ、風化しない対応が重要。世代が代わっても伝承される対策を!」と締めくくられました。

藤崎百貨店の庄司直さんからは、

・気仙沼の店舗はハザードマップでは津波の来ないぎりぎりの位置で、油断していた。BCPも持っていなかった。
・しかし、宮城県沖地震(昭和53年6月12日)を経験した者がいて、建物のどこが壊れた、どんなことが起こったかを、日頃の業務の中で伝承していた。
・そんなことから、地震が起きたら何をするかわかっていた。経験値(暗黙知)による行動(反応)ができた。

といったことや、

・町の中心部の電源復旧は早く、電気が戻ると人が集まってくる。復旧の人、携帯の充電に来る人、そのような人たちについていけるような営業が求められる。
・町の中心で営業している店舗は、インフラの復旧のスピードについていけないと、取り残される。

と、速やかな事業再開が重要であることを強調されました。

さらに、東日本大震災当時の従業員のお客様への対応から、お客様にいただいたお手紙の紹介が有り、防災訓練の重要性と、「安心・安全」は、目に見えない、もう一つの「おもてなし」であると。

最後は、「BCPの役割の一番は、従業員の命を守ること。BCPを持っていると銀行に堂々と大金を借りられる。「こうやって復旧していくので、金を貸してください」と言える。制度とか、事前に調べておけることがあれば、調べておく」と、締めくくられました。

「安心・安全」は、目に見えないもう一つの「おもてなし」

その「おもてなし」を実現するには、事前の備え、訓練が必要です。

セミナーの様子をまとめました。
「160910_bcp.pdf」をダウンロード(380KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害者が街に出ることが社会を変える

160731_平成28年7月31日(日)、香川県リハビリセンター 福祉センター2階のAV教室で、福祉オンブズ香川の主催で行われた「夏の勉強会 『震災と障害者』 ~熊本地震に学ぶ~」に参加してきました。

講師は、香川県三木町生まれ、災害ボランティアの溝渕裕子(みぞぶち ゆうこ)さんです。

熊本ヘー週間ほどボランティアに行かれた溝渕さんは、避難所などを回り、障害のある方がおられるか、何か困り事はないか、聞き取りしていったそうです。

現地に行かなければ把握できない状況、知るべきことや考えるべき課題は多いようです。

現地に行ってできること、香川でできること、障害者だからできること、健常者だからできることなどについて、考えていきます。

溝渕さんの話では、

○熊本地震から

・点字ブロックにひびや段差。視覚障害者が使うのは難しそう。
・東北の教訓から、バリアフリーの避難所とすることで、一般の方と障害者を同様に受け入れられた。
・障害者の視点があることで、気づけることがあり、障害者からも安心感があり、相談しやすかった。
・段差などが有り、車いすが使えず、仮設住宅への入居を断念。

○東日本大震災から

・あるご婦人:家は壊れなかったが、ライフラインが壊れ自宅にいられない。避難所に行っても、「家が残っているなら来るな。障害者はじゃまや」と言われ悔しかった。車いすでは、支援物資を受け取りに行くのも難しい。
・避難所には障害者の方はいない。段差があり、車いすに対応できるトイレがない、水分を我慢し病気に。
・被災してしんどい状況の方から、「くるな!」と言われることもあり。

○様々な被災地を見て

・障害者は震災前から大変なのだから、だからこそ障害者が出来ることがある。障害者は震災前でも週に2回しかお風呂に入れてない。
・障害者の視点で、ここはスロープがあった方がいいとか、最初からそうしておいた方がいい。
・声なき声を聞き、なにに困っているのか、想像力を働かせることが大事。
・障害者が特別な存在ではなく、当たり前にいる人として。それが、災害時にも強い街づくりにもなる。

といった説明がありました。

質疑・意見交換では、

・思いを共有できる団体がそばにある事で、混乱が少ないのでは。香川では、どこがしてくれるのか。
・障害のある方と一緒に、どこに避難するか、どこを避難経路にするか、障害のある方と防災マップを作っている地域をご存じないか。
・女性、高齢者、障害者、それぞれの目線が入ることが大事。ついたてがあるだけで、みんなの目線が防げ、落ち着ける障害者、女性の着替えや授乳にもついたては必要だし。
・阪神、東北、熊本と3回経験していて、障害者に優しい仮設住宅が出来ていない。
・防災訓練に障害者も出て行くことで、うちの自治体にも障害者がいることを知ってもらえる。

などの意見や質問が出ました。

教室がいっぱいになるほどの障害者の方、障害者のご家族の方の参加のもと、溝渕さんの話の「障害者が街に出ることが社会を変える」の言葉が強く心に残った勉強会でした。

勉強会の様子をまとめました。
「160731_syougai.pdf」をダウンロード(437KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧